プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社ネクスト

ネクスト、「Lifull」ブランドにて、新子会社4社設立

(@Press) 2015年07月01日(水)13時00分配信 @Press

株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、本日2015年7月1日(水)、新たな4社の子会社を設立しました。4社は、これまで不動産・住宅情報サイト『HOME’S』の関連サービスを運営しており、このたびの分社化により、これまで以上にスピーディで機動力の高いサービスを提供、また経営人材の育成を行っていきます。

「Lifull」ブランドサイト
URL:http://www.lifull.com/

■新設する子会社について
・株式会社 Lifull Senior(ライフル シニア)
 代表取締役:泉 雅人 
 資本金:52百万円
 事業内容:日最大級の老人ホーム・介護施設の検索サイト「HOME'S介護」の運営
 サービスURL:http://kaigo.homes.co.jp/

・株式会社Lifull Move(ライフル ムーヴ)
 代表取締役:西谷 みゆき
 資本金:44百万円
 事業内容:引越し一括見積もり・Web予約サイト「HOME'S引越し」の運営
 サービスURL:http://www.homes.co.jp/hikkoshi/

・株式会社Lifull FinTech(ライフル フィンテック)
 代表取締役:松坂 維大
 資本金:32百万円
 事業内容:保険ショップの検索・予約サイト「MONEYMO」の運営等
 サービスURL:http://moneymo.jp/

・株式会社Lifull Space(ライフル スペース)
 代表取締役:奥村 周平
 資本金:7百万円
 事業内容:日本最大級のトランクルーム・コンテナ収納等の検索サイト「HOME'Sトランクルーム」の運営
 サービスURL:http://www.homes.co.jp/trunkroom/


■分社化の背景
これまでネクストでは、『HOME'S』の次の柱となる、新たな事業の創出に積極的に取り組んできました。社員なら誰でも参加できる新規事業提案制度「Switch」、社内大学にて社長自らが指導する「経営塾」等の仕組みを設けており、このたび子会社化する「HOME'S介護」や「HOME'Sトランクルーム」等もこれらの制度から生まれました。
今後は、これまでに生まれた事業、また今後新たに生まれる事業を分社化して運営していくことで、それぞれの業界に深く寄り添い、よりユーザー視点に立ったサービスを展開していきます。各子会社にサービス運営から経営までを一任し、スピーディで機動的な事業運営と経営人材の育成を行い、当該事業だけでなく、ネクストグループ全体の更なる成長を目指していきます。


■「Lifull(ライフル)」について
「Lifull」は、暮らし全般に関わるネクストの新たなサービスブランドとして、2014年より展開を開始しました。これまでも国内、海外合わせて6つの子会社をそれぞれ「Lifull」ブランドで設立しており、このたびの分社化で10社となります。
「Lifull」は、「Life(暮らし・人生)」と「Full(満たす)」を掛け合わせた言葉で、すべての人々の暮らしや人生を満たすサービスを届け続けたい、という想いをこめています。「Lifull」が展開するサービスによって、求めていたものが見つかる、決断に必要な情報が揃う等、出逢いと発見の場を提供し、世界の人々の自分らしい生き方をサポートしていきます。


ネクストグループは、これからも「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりにぴったりな情報をお届けしてまいります。

■株式会社ネクストについて (東証第一部:2120、URL:http://www.next-group.jp/
株式会社ネクストは、「不動産業界の仕組みを変えたい」という信念のもと、1997 年に設立。
主要サービスの『HOME'S』は、総掲載物件数No.1(※)の不動産・住宅情報サイトです。
現在は『HOME'S』のアジア展開、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」の運営等、世界46ヶ国でサービス提供。
また、2014年より展開を開始したサービスブランド「Lifull」では、暮らし全般に関わる各種サービスを運営し、人々の自分らしい生き方をサポートしています。
今後も、「あなたの『出逢えてよかった』をつくる」をコーポレートメッセージに掲げ、一人ひとりが自信を持って未来に踏み出せる世の中をつくるため、常に人々の生活に寄り添い、誠実に、思いやりをもって一人ひとりにぴったりの情報を提供します。
※リサーチ・アンド・ディベロプメント調べ(2015.3.16発表)

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る