プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

中国における新工場の建設ならびに起工式の開催について

(@Press) 2015年06月30日(火)15時00分配信 @Press

京セラ株式会社(社長:山口 悟郎、以下:京セラ)は、中国における機械工具事業のさらなる強化を図るため、中国において新工場の建設を開始しますのでお知らせいたします。
6月29日、中国江西省カンシュウ市の「京セラ精密工具(カンシュウ)有限公司」(以下:KPTG)にてカンシュウ市政府関係者出席のもと、起工式を執り行いました。KPTGは、自動車の生産台数が世界一の中国において、拡大を続ける自動車産業向けの切削工具の需要に対応するため、京セラと中国のタングステン精錬会社の「カンシュウ海盛タングステンモリブデン集団有限公司」(董事長兼総経理:曽慶寧(そけいねい))による合弁会社として、2015年1月に設立されました。
新工場は、2016年1月より稼働を開始し、超硬チップの生産を行う予定です。なお、中国における機械工具事業の生産拠点としては、東莞・珠海・上海に続き4拠点目となります。
このたびの生産体制の強化により、中国国内の旺盛な需要に応え、同国での売上拡大を目指してまいります。

■KPTG新工場の概要
所在地: 中国江西省カンシュウ市経済技術開発区
着工: 2015年6月
稼働開始: 2016年1月(予定)
敷地面積: 約20,000 m2
総床面積: 約23,000 m2 (2階建て)
生産品目: 超硬チップ

■起工式での挨拶(要約) 
<京セラ株式会社 代表取締役会長 久芳 徹夫>
京セラグループは、ファインセラミックス、半導体部品、電子デバイス、太陽電池、機械工具、情報機器、情報通信等の製品を世界中のお客様に提供し、喜んでいただけるよう日々努力している。
その中でも京セラの機械工具事業は、近年目覚ましい成長を遂げておりグローバルに事業を展開している。特に中国では多くのお客様に切削工具を使用いただいている。今後、さらに事業を拡大していくため、カンシュウに工場を建設する決断をした。
京セラのカンシュウでの事業展開が、カンシュウと京セラのみならず将来に向けて、中国と日本がさらに結びつきを強くする一助となることを願っている。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る