• トップ
  • リリース
  • TSUTAYA×大阪コミュニケーションアート専門学校 TSUTAYA利用者の拡大と活性化を目的とした広告企画制作を開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

大阪コミュニケーションアート専門学校

TSUTAYA×大阪コミュニケーションアート専門学校 TSUTAYA利用者の拡大と活性化を目的とした広告企画制作を開始

(@Press) 2015年06月26日(金)10時30分配信 @Press

大阪コミュニケーションアート専門学校(所在地:大阪市西区、学校長:鞍井 修一、略称:OCA)は株式会社TSUTAYA(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:増田 宗昭)と産学協同教育を行います。拡大し続けているTSUTAYAの利用者の活性化を目的としたプロジェクトとなり、学生たちはチームに分かれてコンテンツやデザインを企画制作します。優劣の判定は関西の主要80店舗に設置されるデジタルサイネージに各チームのプレゼンテーション内容を映像化し、店舗をご利用されたお客様の投票数で決定します。


■プロジェクト概要
TSUTAYAの利用者をどのように活性化させていくかがポイントとなり、学生がアイデアを企画制作します。

・各店舗でのデジタルサイネージ(平面ディスプレイに映像や情報を表示する広告媒体)を用いた魅力ある「コンテンツ」の立案
・各店舗でのイベントの企画・立案
・会員様へ満足度を上げるためのコミュニケーションのコンセプトを立て、ビジュアルデザインやコピーライトの立案ならびに企画書制作
・プレゼンテーションのためのツール制作

【チーム編成】
クリエーティブデザイン科 3年生
グラフィックデザイン専攻、Webデザイン専攻、イラストレーター専攻、モーショングラフィックス専攻 計35名
1チーム5〜6名で構成された6チーム

【スケジュール】
・4月 クライアントオリエンテーション
TSUTAYAと各チームがセッションを行い、企画案を決定させます。

・11月 店舗展開(デジタルサイネージ)
デジタルサイネージを設置している関西主要80店舗で、映像化した各チームの企画内容を表示し、どの企画が会員満足を訴求できたかを利用者に投票していただきます。

・12月 プレゼンテーション
12月には在校生がTSUTAYA担当者に向けプレゼンテーションを行う予定です。
店舗展開での一般会員様による投票評価とTSUTAYAの評価で最優秀を決定します。
最優秀に選ばれたチームは来年2月の卒業進級制作展にて発表する予定となっており、更には利用価値が見込まれれば各店舗へと採用・展開されます。


■株式会社TSUTAYA 概要
設立  : 2014年12月1日
所在地 : 東京都渋谷区南平台町16番17号
主要株主: カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(100%)
事業内容: 生活提案の場としての「TSUTAYA」の企画並びにFC展開事業
URL   : http://www.tsutaya-ltd.co.jp/


■大阪コミュニケーションアート専門学校 概要
1988年の開校以来、産学協同教育システムを教育の柱として、3年制で創造力豊かなベストクリエーターを育成しています。企業から課題をいただく「企業プロジェクト」を通して、企画・作品制作・プレゼンテーションまでを現場同様に学ぶなど、デザイン・ゲーム・CG・マンガ・アニメ業界へ多くの卒業生を輩出してまいりました。2013年9月には大阪・北堀江に新校舎も完成し、最新の学習環境で、業界の人材ニーズに応えております。

学校名: 学校法人コミュニケーションアート
     大阪コミュニケーションアート専門学校
所在地: 〒550-0014 大阪市西区北堀江2-4-6
設立 : 1988年4月
運営元: 滋慶学園グループ
代表者: 学校長 鞍井 修一
学科 : クリエーター科、マンガ・アニメ・小説科、コミックイラスト科、
     ゲーム・CGクリエーター科
URL  : http://www.oca.ac.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る