• トップ
  • リリース
  • Google Lunar XPRIZEに挑戦する民間月面探査チーム「HAKUTO」新テクノロジーパートナー決定 丸紅情報システムズが3Dプリンター、3Dスキャナーで月面探査ローバー開発を支援!

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

Google Lunar XPRIZEに挑戦する民間月面探査チーム「HAKUTO」新テクノロジーパートナー決定 丸紅情報システムズが3Dプリンター、3Dスキャナーで月面探査ローバー開発を支援!

(@Press) 2015年06月23日(火)14時00分配信 @Press

Googleによる賞金総額3,000万ドルの国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」(以下 GLXP)に挑戦する株式会社ispace(東京オフィス:東京都港区麻布台)が運営する日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO(以下 ハクト)」は、丸紅情報システムズ株式会社(本社:東京都渋谷区、以下 丸紅情報システムズ)とテクノロジーパートナー契約を新たに締結しました。今後、丸紅情報システムズから3Dプリンターと3Dスキャナーの技術支援を受けて、月面探査ローバーのフライトモデルの開発を進めていきます。

「ハクト」: http://team-hakuto.jp/

丸紅情報システムズ ロゴURL
https://www.atpress.ne.jp/releases/64873/img_64873_2.jpg

丸紅情報システムズは、コンピュータ、ネットワーク、情報システム等における最先端技術を基軸として、あらゆる産業のITライフサイクル全般に対するソリューションを提供しています。また、3Dプリンターメーカーとして世界トップシェアを誇る米)Stratasys(ストラタシス)製3Dプリンターの国内正規販売代理店であり、世界トップリセラーです。また、独)GOM(ジーオーエム)社製3DスキャナーATOS(エイトス)の国内総販売代理店でもあり、3Dデータのインプットからアウトプットまで幅広くソリューションを提供しています。
ハクトは、GLXPミッション達成のために月面探査ローバーの小型・軽量化に取り組んでおり、3Dプリンターをはじめとする新しい技術を積極的に取り入れています。実際に、2014年に開発した月面探査ローバーのプレフライトモデルの車輪はストラタシス製3Dプリンターで造形しています(※1)。
今回、月面探査ローバーの小型・軽量化という開発コンセプトへの賛同を得たことと、丸紅情報システムズが長年培った3Dプリンター及び3Dスキャナーのソリューション技術力をハクトの今後の開発に活かせる可能性があることから、テクノロジーパートナーとしての技術支援が決定しました。

月面探査ローバー
https://www.atpress.ne.jp/releases/64873/img_64873_1.jpg

丸紅情報システムズが持つストラタシス製3Dプリンターの技術は、設計の自由度が高く、さらに温度変化の厳しい宇宙環境にも適応できる耐熱性に優れた造形材料「ULTEM9085」を使用できるため、ハクトが進める月面探査ローバーのフライトモデルの開発で活用する予定です。またあわせて丸紅情報システムズが国内総販売代理店として提供する、独)GOM社の3Dスキャナー「ATOS」を活用することで、実際に造形した製品と設計値の製造差異を検証、設計への改善を容易にし、より高品質の製造を実現できるため、通常の宇宙機開発に比べて開発期間短縮につながると考えています。

また今回のテクノロジーパートナー決定に合わせ、第26回 設計・製造ソリューション展(2015年6月24日〜26日)の同社ブースでは、ハクトの月面探査ローバーの展示及びデモンストレーションを実施する予定です。

ハクトが開発を進める月面探査ローバーのフライトモデルの開発にご期待ください。

(※1)株式会社アールディエス(埼玉県大里郡寄居町赤浜1860、代表取締役社長:杉原 千佳子)にて製作。

・井川 昌一氏(丸紅情報システムズ株式会社 常務執行役員)のコメント
「丸紅情報システムズ株式会社は、「HUKUTO」とのテクノロジーパートナー契約締結を大変うれしく思います。我々も3Dプリンター、3Dスキャナーといった先端技術に、夢を現実にするという熱い気持ちを込め、共にチャレンジしていく所存です。」

・袴田 武史(チーム・ハクト代表)のコメント
「3Dプリンター及び3Dスキャナーの分野で非常に多くの経験とノウハウを持ったパートナーから技術支援を受けられることで、チームのGLXPミッション成功率がさらに高まると考えています。今後も様々なパートナーと連携して、GLXPミッション成功を目指します。」


【丸紅情報システムズ株式会社】 http://www.marubeni-sys.com
コンピュータ、ネットワーク、情報システム等における最先端技術を基軸として、あらゆる産業のITライフサイクル全般に対するソリューションを提供しています。3Dプリンターメーカーとして世界トップシェアを誇る米)Stratasys(ストラタシス)製3Dプリンターの国内正規販売代理店であり、世界トップリセラー。また、独)GOM(ジーオーエム)社製3DスキャナーATOS(エイトス)の国内総販売代理店です。


【ハクトについて】 http://team-hakuto.jp/
ハクトは、株式会社ispaceが運営する、日本で唯一GLXPに参加するチームです。東北大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻教授であり、株式会社ispace CTOの吉田 和哉教授を中心とした月面探査ローバーの開発を行っています。GLXP中間賞の「モビリティサブシステム」部門を受賞。


【Google Lunar XPRIZEについて】 http://lunar.xprize.org
Googleがスポンサーとなり、XPRIZE財団によって運営される、民間組織による月面無人探査を競う総額3,000万ドルの国際賞金レースです。ミッションは、月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信すること。1位のチームには賞金2,000万ドル、2位のチームには賞金500万ドルが与えられます。現在、世界各国から18チームが参加しています。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る