• トップ
  • リリース
  • ドイツ最大のデータセンター事業者e-shelterの株式取得完了について

プレスリリース

NTTコミュニケーションズ株式会社、e-shelter

ドイツ最大のデータセンター事業者e-shelterの株式取得完了について

(@Press) 2015年06月23日(火)15時00分配信 @Press

 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)は、2015年6月22日(現地時間)に、ドイツ最大のデータセンター事業者であるe-shelter(本社:ルクセンブルグ)の株式86.7%を取得完了しました。
 本買収完了により、NTT Comグループが欧州において保有するデータセンターのサーバールーム面積は、4都市約19,500m2から9都市約92,000m2(*1)へと大幅に拡大することになります。
 NTT Comは、今後も需要の増大が期待される欧州大陸においても、グローバル共通品質で、柔軟性・信頼性に優れたデータセンターを展開していくことで、グローバルシームレスなICTソリューションの提供能力を強化し、企業の積極的なビジネス展開を支援します。

(参考1) 株式取得の概要
(1) 株式取得比率:86.7%

(参考2) e-shelterの概要
(1) 会社名 :e-shelter
(2) 本社  :ルクセンブルグ
(3) 設立年 :2000年
(4) 代表者 :Rupprecht Rittweger, CEO
(5) 拠点  :ドイツ(フランクフルト、ベルリン、ミュンヘン、ハンブルク)、
       スイス(チューリッヒ)、オーストリア(ウィーン)
(6) 従業員数:約320名
(7) 事業概要:欧州データセンターサービス事業者
(8) 主要顧客:金融、通信、クラウド等ITサービス事業者、政府機関など


<関連リンク>
報道発表 2015年3月3日:ドイツ最大のデータセンター事業者e-shelterの株式取得について
http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20150303.html


*1:本数値は建設中のものを含む。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る