• トップ
  • リリース
  • 幼児教室「コペル」全国で教室数が増加! “画期的な教育法”と2,000種類以上の“日本一のオリジナル教材数”

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

幼児教室「コペル」全国で教室数が増加! “画期的な教育法”と2,000種類以上の“日本一のオリジナル教材数”

(@Press) 2015年06月22日(月)10時00分配信 @Press

右脳教育・全脳教育で潜在能力を引き出す幼児教室を運営する株式会社コペル(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:大坪 信之)では、2,000種類以上ある自社開発の教材を使用した画期的な教育法が評価され、全国に展開する教室数を伸ばしています。

現在本社のある福岡県で8教室、講師の研修センターである東京本部のある関東では約30教室を展開しており、全国で56の教室を運営しています。増加数は、前年度が13教室、今年度は14教室となっています。4月に新たに大阪市に2教室が新設され、7月には国立教室・武蔵小山教室が、8月にはプレナ幕張教室・ヨークタウン仙台教室がオープンします。


<教室増の主要因>
■幼児教育市場全体の成長
近年脳の研究が進み、0歳〜3歳の幼児期の教育の重要性について認識が高まっています。ユニセフが発表した「2001年世界子供白書」では、「0〜3歳までに起こることが脳の発達において極めて重要であり、その後の学業や人格に多大な影響を与える」とあります。欧米・北欧などの先進国では、早くから国を上げての取り組みが盛んに行われ、『フィンランド式教育法』に象徴される一定の成果が見られます。
こうしたことが幼児教育への意識を高める要因となっていると考えられ、教育市場では塾・予備校市場が頭打ちの中、法政大学の調べでは幼児教育市場が今後40倍に成長すると予測されています。


■母親の心理的変化
日本国内においては、記憶に偏重した戦後の教育制度や受験制度が現在まで変わらず継承され問題視されています。
知性や処理速度の指標であるIQを高める「知育」は重要ですが、近年は心の知性であるEQ(思いやり・優しさ)や、社会的知性であるSQ(社会のルールを守る)の重要性が叫ばれています。
こうした背景から、当社の教育理念である「徳育=全人格的教育」(大人の倫理脳と子供の感性脳、右脳と左脳をバランス良く引き出すことによる全脳型の人間形成)を望む母親が増えていると予想されます。


■独自の“画期的な教育法”テンポの良いレッスンは、「まるでショーを観ているよう」
レッスンは定員を6名、時間は50〜70分間とし、子供の前にある机を「ステージ」に見立ててテンポ良くスピーディーに行われます。これを当社では「楽しいショー」と考えています。子供が「どうして?」と質問ばかりするのは色んなことに関心を示す「学びたい」時期の現れです。好奇心旺盛なこの時期に“学ぶことの楽しさ”を教え、子供達みんなが持っている天才的潜在能力を引き出すための画期的な教育法です。


■“日本一のオリジナル教材数”開発のきっかけは「キラキラと輝く瞳」
当社では同じ子供に同じ教材を使うことは二度とありません。脳の配線は3歳で70%、6歳で90%でき上がり、子供の目がキラキラと輝いている時=面白そうだと感じた時に爆発的に形成されます。
しかし子供は非常に飽きやすく、瞳を輝かし集中していられる時間は「年齢+1分」という短い時間だけです。この飽きやすい子供に、「いかに飽きない教育を行うか?」という課題に対して向き合い、『瞳が輝くような教材と教育法』を追求した結果、膨大なオリジナル教材の開発へとつながりました。

・2,000種類以上の多種多様な教材(そろばんなどの数教材、図形教材、文字教材他)
・1万枚の絵柄や文字入りのカード(記憶力を養うためのもの)
・学習用プリント3,000枚(子どもが自発的に学習意欲を高めるためのもの)


■脳の発育に関するデータ
・出生時の脳の量は約400g、成人の脳は約1400g
・脳の配線は3歳で70%、6歳で90%出来上がる
・3歳になるころには1,000兆もの神経結合を形成
・12歳でほぼ100%の配線が完成する
・一つのことに集中していられる時間は「年齢+1分」
・人には利き腕があるように「利き脳」がある
・脳にとって一番よくないのは、同じことのくり返し

など


■コペルで学んだ子供の実績
(1) 1年以上コペルに通った子供達のIQ実績値は平均133(※2011年度、新田中B式知能検査)(IQの平均値は100、85〜115の間に約68%の人が、70〜130の間に約95%の人が収まる)
(2) 小学校受験専門の塾ではない中で、全国の有名小学校へトップクラスの合格率を出している。


■母親の声
「子供の目が点に。キラキラしていました。」「とてもカラフルで、毎回異なった教材を多数使用しているため、子供の興味をひき、集中してレッスンを受けることができるのでとても良いと思います。」


■創業のきっかけ“コペルの理念・教育方針”
代表の大坪は30歳の時に娘が生まれたことを機に幼児教育に興味を持ち、独学で学ぶうちにのめり込み、勤めていた大手IT企業を退職して独立。“0歳からの教育”への社会的認知が無い時代から、「子供の“心に目を向けた”教育」という確固たる理念を持ち、独自の教育方針を確立して今に至ります。


■今後の展開・展望
今後は2015年末までに主にFC方式による出店で全国100教室、2017年ごろまでの株式上場を目標にしています。「教育を通じて、より良い世界を実現する」という理念実現のため、海外への展開も視野に入れ積極的に店舗展開を進めて行きます。

<会社概要>
会社名    : 株式会社コペル
代表者    : 代表取締役社長 大坪 信之
創業     : 1994年
資本金    : 5,000万円
設立     : 2009年1月
事業内容   : 幼児教室事業・幼児教育教材販売事業
従業員数   : 30名
教室数    : 17都道府県 56教室
本社所在地  : 福岡県福岡市早良区百道浜1-3-70
東京本部所在地: 東京都港区南青山3-16-14 プラサーダ青山201
TEL      : 092-845-5200
FAX      : 092-846-8551
URL      : http://copel.co.jp/


<受講コース概要>
◆料金:月額 16,000円(税別)
※価格は2015年4月現在の東京エリアの料金です。各コース、エリアによって料金が異なります。(コース内容に合わせた定額受講料金制)

◆コース:全5コース
幼児コース(0〜6歳)、小学生コース(小1〜小3)、PQコース(小4〜小6)、幼稚園受験コース(2歳児)、小学校受験コース(年長児)
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る