• トップ
  • リリース
  • 「100%の稼働率を達成した最大のホテルチェーン(24時間) LARGEST HOTEL CHAIN WITH A 100% OCCUPANCY(24 hours)」として東横インはギネス世界記録(R)に公式認定されました

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社東横イン

「100%の稼働率を達成した最大のホテルチェーン(24時間) LARGEST HOTEL CHAIN WITH A 100% OCCUPANCY(24 hours)」として東横インはギネス世界記録(R)に公式認定されました

(@Press) 2015年06月16日(火)11時30分配信 @Press

株式会社東横イン(本社:東京都大田区、代表執行役社長:黒田 麻衣子)は6月5日付でギネスワールドレコーズリミテッドから「100%の稼働率を達成した最大のホテルチェーン(24時間) LARGEST HOTEL CHAIN WITH A 100% OCCUPANCY(24 hours)」の公式認定を受けました。

2015年5月2日〜3日(24時間)を挑戦日と定め、48,831室を全店(日本243店舗、韓国6店舗)で同一日に満室にしました。予約段階での満室達成ではなく、実際にお客さまがホテルに来店され、料金を支払ってチェックインすることを満室の条件としてチャレンジした結果、達成し6月13日に公式認定証を贈呈されました。

・公式認定員より公式認定証を授与された黒田社長(左)
https://www.atpress.ne.jp/releases/64059/img_64059_2.jpg


■記録挑戦の背景
「世界に1,045万室をつくる」を超長期的な企業目標とし、2015年度は韓国以外で初めての海外店舗3店舗(カンボジア、フィリピン、ドイツ)をオープンする予定となっており、真のグローバルホテルチェーンとして歩み始めました。


■なぜこの記録に挑戦したのか
「客室の値段を上げたり料飲(飲食)など客室以外の売り上げを伸ばしたりするのではなく、より多くのお客さまにお泊まりいただき満室を目指す。その結果、売り上げの伸びがついてくる」私たち東横インはこの考えを運営の柱としています。実際、立地によって客層や繁閑時期には違いがあり、同一日の全店満室は難しいにもかかわらず、過去に全店全室100%稼動を達成したことが数回ありました。最近でも全店稼働率が99%を上回るなど限りなく100%に近い日があります。
そこで運営の柱となる考え方をさらに従業員に浸透させ、かつモチベーションアップを図る手段の一環として、全店全室満室日を設定し挑戦することになりました。

※ギネス世界記録(R)はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です。


【会社概要】
会社名   :株式会社東横イン
所在地   :〒144-0054 東京都大田区新蒲田1-7-4
       TEL. 03-5703-1045(代表) FAX. 03-3736-1138
代表者   :代表執行役社長 黒田 麻衣子
設立    :昭和61年(1986年)1月23日
資本金   :5千万円(総資産662億円、純資産265億円)
売上高   :700億500万円(2014年3月末日現在)
事業内容   :エコノミーホテル運営
店舗数   :251店舗(2015年6月16日現在)
客室数   :49,202室(2015年6月16日現在)
店舗展開  :国内46都道府県(高知県を除く)と海外で展開
グループ会社:株式会社東横インホテル企画開発、株式会社東横イン電建、
       株式会社東横インIT集客ソリューション、
       株式会社東横インアーキテクト


【ホテルサービス】
・ロビーと全客室Wi-Fi対応無線LAN完備
※ロビーにインターネット用パソコン、カラープリンターを用意してあります。
・無料朝食サービス
・VOD(ビデオ・オン・デマンド)(¥500(税込)/泊)
※豊富な200以上のコンテンツ。
・レンタルノートパソコン(¥1,000(税抜)/泊)
・女性の方にレディースセットをプレゼント


【東横INNの特長】
東横INNは、「駅前旅館の鉄筋版」を基本コンセプトに、1986年に蒲田店をオープンして以来、全国でチェーン展開を図っています。「安心・快適・清潔なお部屋」をリーズナブルな料金で提供する宿泊特化型のホテルです。
2015年6月16日現在、日本国内245店舗、韓国6店舗の合計251店舗・総客室49,202室となっており、日本国内最大の客室数を持つホテルです。

駅前の好立地、過不足ない設備に加え、低料金で、しかも全客室無料Wi-Fi、無料朝食サービス、日本国内の全店にAED常設など、施設やサービスが充実しています。

2006年2月以降オープンした店舗は、国際化に向けた施設の充実を図るため、ユニットバスの大きさを拡大(1,310mm×1,610mm)してバスタブの長さを14cm長くし、またベッドの長さを5cm大きく(1,400mm×2,030mm)するなど、東横INNのグローバルスタンダードサイズを採用しています。これにより、身体の大きい方でもゆったりとおくつろぎいただけるようになりました。
また、2014年10月オープンのあべの天王寺&ホスピタルINN市大病院前は、病院前の東横INNというコンセプトで、客室とユニットバスの段差がない客室をご用意し、病院をご利用の皆さまに、より快適で便利な宿泊施設を提供しております。
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る