• トップ
  • リリース
  • BSIジャパン、株式会社メディ・ウェブにISO 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を実施

プレスリリース

  • 記事画像1

BSI グループジャパン株式会社

BSIジャパン、株式会社メディ・ウェブにISO 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を実施

(@Press) 2015年06月15日(月)15時00分配信 @Press

BSIグループジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:竹尾 直章)は、株式会社メディ・ウェブ(東京都港区、代表取締役社長:佐竹 隆)へ、ISO 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)の認証を実施しました。


ISO 27001認証を記念した認証授与式において
https://www.atpress.ne.jp/releases/63925/img_63925_1.jpg
写真左より、株式会社メディ・ウェブ 代表取締役社長 佐竹 隆氏、BSIグループジャパン株式会社 代表取締役社長 竹尾 直章


■株式会社メディ・ウェブ 代表取締役社長 佐竹 隆様からのコメント
◆ISO 27001認証取得の目的
医療業界は、一般の業界にもまして個人情報に対して敏感な面があります。情報を扱うサービスを行っているため、セキュリティや情報管理の面でユーザーのみなさんにご安心いただくことが重要です。そこで、ISO 27001のような公的な認証を取得することで、私たちの情報管理に対する姿勢を示し、お伝えできるだろうと考えました。

◆ISO 27001の構築・運用で工夫した点、またその成果や利点
構築面では、手順をひとつひとつ定義する中で、これまでどうしてもおざなりになってしまっていたことを明確にすることができ、体制や手順を運用に耐える形に強化できたことが良かったと思います。また認証面では、医療従事者の方にセキュリティ面についてお問い合わせをいただいた際にもスムーズにご納得いただけるようになりました。

◆ISO 27001の認証機関にBSIを選んでいただいた理由
認証機関として定評があると聞いてお願いしました。

◆ISO 27001の今後の活用について
まず、3Beesのサービスを案内するパンフレット、展示会でのご案内、Web等でも積極的に告知していきます。また、社内の意識の向上のためにも、今後も継続的にプロセスを見直し、よりブラッシュアップしていきたいと思います。


ISO 27001は、情報資産を保護し、顧客、取引先といった利害関係者の信頼を得られるセキュリティ統制の確保を目的としたマネジメントシステムの国際規格です。ISO 27001を導入して構築・運用することにより、組織は、情報漏えいや不正アクセスといった会社に損害を与えうる情報リスクと脅威に対処・管理して、情報セキュリティを継続的に向上させることができるようになります。また、組織のブランド力・評判の強化、セキュリティリスク軽減、ステークホルダーからの信頼の確保にも大きく役立ちます。


■株式会社メディ・ウェブについて
「最新の情報通信技術(ICT)で、世界の診療を変え、医療を変える。」を理念とし、医療機関向けのクリニック経営のサポートを目的としたクラウド型アプリケーションや、ウェブベースのシステム開発、ホームページ制作支援等を展開しています。
URL: http://www.mediweb.jp


■BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、そして、ISOの設立メンバーとして活動する、規格策定のプロフェッショナルである。現在、150カ国で64,000組織以上のお客様の活動に貢献している。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO 9001(品質マネジメントシステム)、ISO 14001(環境マネジメントシステム)、ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)等のISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇る。

BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人である。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供している。

マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に60社以上ある審査機関の中で、最も多くの規格の認証サービスを提供している審査機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする審査機関である。
URL: http://www.bsigroup.com/ja-JP/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る