• トップ
  • リリース
  • MKI、宮崎大学医学部附属病院に大規模なWi-Fi環境を構築 ―安定した接続性を実現し、医療現場での利便性向上と業務効率化に貢献―

プレスリリース

  • 記事画像1

三井情報株式会社

MKI、宮崎大学医学部附属病院に大規模なWi-Fi環境を構築 ―安定した接続性を実現し、医療現場での利便性向上と業務効率化に貢献―

(@Press) 2015年06月10日(水)10時30分配信 @Press

三井情報株式会社(本社:東京都港区、社長:齋藤 正記、以下 MKI)は、宮崎県の中核医療を支える宮崎大学医学部附属病院に、Wi-Fi環境のエリア拡充と安定した電波強度による教育研究活動・病院業務の効率化を目指し、大規模なWi-Fi環境を構築したことを発表します。


宮崎大学医学部附属病院は、病床数632床、22診療科で構成され、医師と看護師を合わせて約1,000名の職員を有する宮崎県の高度先進医療施設です。宮崎大学医学部附属病院はこれまでも、医療内容の高度化・多様化に対応すべくWi-Fi環境を活用し、モバイル端末で電子カルテを閲覧するなどして医療活動にあたってきました。

これまで使用してきたWi-Fi環境には、設計上の理由から、(1)移動中にネットワーク接続が切れる、(2)病室の奥まで電波が届かないといった問題がありました。
これらを解決するため、MKIは事前に4種類の異なるネットワークベンダーの機器を用いて実環境にてテストを行い、シスコ社のアクセスポイントAironet 2700シリーズが最適と判断、これまでのネットワーク構築実績から得た知見を活かし、設計・構築を行いました。24時間365日止められない医療活動を支えるため、ネットワーク監視による障害時対応サービスもあわせて提供しています。
これにより、今回導入完了した研究棟でのWi-Fi環境の接続は大幅に改善し、この結果を踏まえ宮崎大学医学部附属病院では、病院内でのアクセスポイントのリプレースを順次実施していく予定です。

宮崎大学医学部附属病院は今後、電子カルテ閲覧用端末と通話用端末を統合させ、更に業務の効率化を目指すだけではなく、医師の負荷軽減に向けた労務実態把握のための位置情報の活用や、院内で開催される講習会のテレビ会議配信等、高品質なWi-Fi環境の新たな活用方法を検討していきます。

<宮崎大学医学部附属病院>
https://www.atpress.ne.jp/releases/63363/img_63363_1.jpg


【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えています。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティングから設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、自らの技術力を駆使した新たなビジネスの創出と、顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続ける企業グループを目指します。

ホームページ: http://www.mki.co.jp/

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。


【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 ビジネスアライアンス部
TEL  : 03-6376-1122
FAX  : 03-3435-0524
e-mail: sales@ml.mki.co.jp
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る