• トップ
  • リリース
  • 芝浦工業大学、学生参加の公園整備計画第一弾 上尾の「ちびっこパーク」が完成

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

芝浦工業大学、学生参加の公園整備計画第一弾 上尾の「ちびっこパーク」が完成

(@Press) 2015年06月02日(火)10時30分配信 @Press

芝浦工業大学(東京都江東区/学長 村上雅人)環境システム学科 都市計画研究室(作山康教授)とデザイン工学科 都市プランニング研究室(桑田仁教授)の学生が、埼玉県上尾市大谷北部第4地区の8つの公園整備にあたり、基本コンセプトの提案など計画の策定に参画し、「ちびっこパーク(仮称)」が5月に完成を迎えました。

▼ちびっこパーク所在地:埼玉県上尾市大字壱丁目230-2


住民に親しまれる創造的な公園をつくることによって魅力的なまちづくりの契機とすることを目的としたこのプロジェクト。計画されている大谷地区の全8カ所の公園計画について、上尾市から計画策定の委託を受けているNPO団体「都市づくりNPOさいたま」や住民らとワークショップを重ね、学生がコンセプトを提案して検討を重ねてきました。
2015年度はさらに2つの公園を建設予定で、学生が提案したコンセプトをベースに、公園を基点とした魅力あるまちづくりを実現するべく、行政、住民らと共に引き続き具体的に計画を進めていきます。


1.経緯
通常、公園整備は行政が標準的な内容で整備するのが一般的ですが、大谷北部第4地区では、住民に親しまれる創造的な公園をつくることによって、魅力的なまちづくりの契機にすることを目指しています。そこで作山教授、桑田教授もメンバーとなっているNPO団体「都市づくりNPOさいたま」が上尾市から計画策定の委託を受け、両研究室の学生がその基本コンセプトの提案を行うことになりました。


2.計画の概要
学生たちは、住民参加によるワークショップによって意見を集約し、「緑豊かな環境づくり」「シンボルづくり」「維持管理に参加できる公園づくり」「複数の公園のネットワークづくり」という共通の基本方針を掲げ、計画されている8つの公園それぞれの利用イメージを設定し、アクティビティや対象年代、シンボルツリーなどを分けて特徴を出すことにしました。そしてその提案をベースに、公園デザインの専門家らとともに具体化していきました。
5月には、その第一弾として、児童遊具と芝生広場を配した「ちびっこパーク(仮称)」が完成。主に幼児を対象としており、デザイン性の高い遊具と芝生広場を設置した、親子が安心して気軽に遊ぶことができる公園で、大谷地区の春を告げる花木を主体としてコブシの木をシンボルツリーとしました。


3.今後の予定
今後は、他の7つの公園についても引き続き具体的な計画を進め、2015年度中にあと2つの公園を建設予定です。1つは静かな庭園をイメージしたデザインとし、健康遊具などを置いて大人が憩ったり健康体操を行ったりできるようにします。もう1つは森の散策と森遊びができるような場所とし、家族みんなで楽しめる公園を目指しています。その他にもボールパークやイベント会場、水遊びなど対象と用途に分けて多様な性格を持った公園を建設し、住民、行政、NPO、そして学生とが一体となって、地区内で1年を通して楽しめる魅力的な公園づくりを進めています。


芝浦工業大学: http://www.shibaura-it.ac.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る