• トップ
  • リリース
  • 「究極の焼豚」が国際味覚審査機構にて最優秀味覚賞(3つ星)を受賞

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社イマムラ総業

「究極の焼豚」が国際味覚審査機構にて最優秀味覚賞(3つ星)を受賞

(@Press) 2015年06月09日(火)10時30分配信 @Press

株式会社イマムラ総業(本社:京都市下京区、代表取締役:今村 昌義)の商品名「究極の焼豚」が、2015年4月にベルギー・ブリュッセルにて開催された国際味覚審査機構(iTQi)の審査会において最優秀味覚賞(3つ星)を受賞しました。

「究極の焼豚」: http://wagyu.jp/items/yakibuta.html


【「究極の焼豚」について】
特に脂がクリーム色で柔らかくシットリとした国産豚肉を選別し、自家製の秘伝ダレで約10時間かけてじっくりと焼き上げることで唯一無二の「究極の焼豚」に仕上げました。
また、機械を使わず包丁でスライスすることにより、豚肉の筋繊維を壊すことなく、豚肉本来の味と風味を活かした逸品です。
外国の審査員にも認められた国産豚肉の食肉惣菜の販売促進をすることにより、「和食」の更なるPRを計りたいと考えています。

<詳細&購入はこちら>
http://wagyu.jp/


【国際味覚審査機構の審査会について】
ベルギー・ブリュッセルに本部を置く国際味覚審査機構は、優れた味覚と品質を持つ食品と飲料品の審査と表彰を目的とした認証であり、ヨーロッパの14の調理師協会に属するシェフによる目隠し方式によって、特に“味覚”に高い重点を置いた審査会です。審査員による官能分析の評価が90%以上の製品のみが「極めて優秀」と評価され、最優秀味覚賞(3つ星)を受賞することができます。


【株式会社イマムラ総業 会社概要】
会社名   : 株式会社イマムラ総業
代表者   : 代表取締役 今村 昌義
本社所在地 : 京都府京都市下京区夷馬場町35
        Tel:075-371-7336/Fax:075-371-7337
資本金   : 4,600万円
創業    : 1937年7月
主な業務内容: 黒毛和牛・国産豚肉・銘柄鶏の小売及び業務用卸売
        その他食肉関連商品の製造販売
URL     : http://wagyu.jp/
プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る