• トップ
  • リリース
  • 山形県の国宝・五重塔、無形文化財・五重塔 の前で、歌舞伎役者が奉納公演に出演。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社トランスヒューマン

山形県の国宝・五重塔、無形文化財・五重塔 の前で、歌舞伎役者が奉納公演に出演。

(@Press) 2022年09月05日(月)14時50分配信 @Press


画像 : https://newscast.jp/attachments/2tsqZeCNaVtj0oTM3drU.jpg
上演する中村橋吾 ※yOU(河崎夕子)撮影


山形県の国宝および無形文化財それぞれの五重塔の前で、鶴岡市出身の歌舞伎役者、中村橋吾氏(成駒屋)が特別演舞を行う。
昨年の国連デーに合わせてオンライン配信され、注目を浴びた『平和成祈鐘』のほか、『世響斯輝伎』『舞台交響曲』の3部作を2日間をかけて上演予定。
尺八奏者 山澤昭彦、善寳寺の祈祷太鼓奏者 鈴木泰蔵、山形県指定民俗文化財 黒森歌舞伎とのコラボレーションも行うという。
「現代社会問題をテーマにした創作歌舞伎、特に平和を表現する『平和成祈鐘』は、今まさに起きていることに対して願いのパフォーマンスであります。平和という途方もなく大きなテーマを表現するには、それ相応の覚悟をせねばなりません。
役者魂を燃やすのはもちろん、一人の人間としての命を燃やし演じることこそ、自身の目指す歌舞伎と確信しています」と中村橋吾氏は語る。
涼秋漂う9月の山形で、平和を祈念する伝統文化に浸ってみてはいかがだろうか。
~開催概要~
●奉納公演 第一夜 出羽三山神社
令和4年9月17日(土) 時間:18:30〜
会場:羽黒山五重塔前 ※雨天時はいでは文化記念館レクチャーホール
・狂言作者 竹柴潤一作/平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)
・狂言作者 竹柴潤一作/世響斯輝伎(よにひびけかくてるのわざ)
協力金:500円
●奉納公演 第二夜 善寳寺
令和4年9月18日(日) 時間:18:30〜
会場:善宝寺五重塔前 ※雨天時は信徒会館
・平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)
・舞台交響曲(ぶたいこうきょうきょく)
協力金:500円(未就学児無料) 当日受付
両日ともに予約は不要。
歌舞伎上演後には、五重塔と五百羅漢堂の夜間特別拝観案内も予定している。


画像 : https://newscast.jp/attachments/NXe6t4VstOw3rvNj7RwJ.jpg



プレスリリース提供元:@Press

このページの先頭へ戻る