• トップ
  • リリース
  • 「eDocReader」のアプリ内課金で販売していた「パーソナルエリア会議」をバージョンアップし無償提供を開始 〜簡易版ペーパーレス会議システム〜

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

日本インフォメーション株式会社

「eDocReader」のアプリ内課金で販売していた「パーソナルエリア会議」をバージョンアップし無償提供を開始 〜簡易版ペーパーレス会議システム〜

(@Press) 2021年06月17日(木)10時00分配信 @Press

日本インフォメーション株式会社(本社:名古屋市千種区今池、代表取締役社長:加藤 高章)は、当社のペーパーレス会議システム「スマートセッション」の端末アプリ「eDocReader」のアプリ内課金で販売していた「パーソナルエリア会議」をバージョンアップし無償で提供を開始いたしました。パーソナルエリア会議はiPadのみで最大8名までの少人数の会議や簡単な打合せなどが可能な簡易版のペーパーレス会議システムです。

参加者のうち1人がサーバーモード、他の参加者はクライアントモードで起動しサーバーモードで起動している参加者に他の参加者が接続することで仮想空間「パーソナルエリア」を構築し、そこに資料を持ち寄ることで資料共有が可能となります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/259756/LL_img_259756_1.png
イメージ(1)

eDocReader
URL: https://apps.apple.com/jp/app/edocreader/id433847604


eDocReaderは、
1. 単体で使用する場合は手書きをしながら複数資料の表示ができるPDFリーダー
2. 数人で使用する場合は「パーソナルエリア会議」を使ってページ操作やメモ書きが同期できるミーティングツール
3. 本格的に使用する場合はペーパーレス会議システム「スマートセッション」の端末アプリとして使用ができる端末ツール
と、利用規模が変わっても同じ操作性で使うことのできるPDFツールです。

※スマートセッションと連携した利用例
スマートセッションを使って会議を行い、eDocReaderに保存して持ち帰った会議資料はパーソナルエリア会議を使って部署内のメンバーへ展開することができます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/259756/LL_img_259756_2.png
イメージ(2)

◆製品データ…「スマートセッション」について
2011年7月から販売を開始した「スマートセッション」は発売から約10年が経ち、その間、株式会社TBSテレビ様、大津市議会様、福岡教育大学様など400社以上の企業様・学校様・公共機関様に導入実績がある本格的なペーパーレス会議システムです。

URL: https://www.nicnet.co.jp/next/smartsession/index.html


■会社概要
商号 : 日本インフォメーション株式会社
代表者 : 代表取締役社長 加藤 高章
所在地 : 〒464-0850 名古屋市千種区今池一丁目8番8号 今池ガスビル6F
設立 : 1974年3月
事業内容: ソフトウェア開発、販売
資本金 : 4億1,020万円
URL : http://www.nicnet.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

このページの先頭へ戻る