• トップ
  • リリース
  • 今ならコーヒーツリーのオーナーになれる!【Kapeco~太陽の珈琲農園】サービスが登録終了間際!

プレスリリース

  • 記事画像1

Pistacia Mindanao Coffee Export, Inc.

今ならコーヒーツリーのオーナーになれる!【Kapeco~太陽の珈琲農園】サービスが登録終了間際!

(@Press) 2020年09月21日(月)11時30分配信 @Press


Pistacia Mindanao Coffee Export, Inc(代表太田勝久)は、フィリピン国ミンダナオ島南部に位置するアポ山麓のコーヒー農園と業務提携を行い、コーヒーツリー1本からオーナーシップを楽しめる【Kapeco~太陽のコーヒー農園】プロジェクトをリリースした。同社は会員募集をクラウドファンディングサイトCAMPFIRE上で開始しており、3万円の支援でオーナーになれる仕組みだ。


【2020年オーナー募集】コーヒー樹木のオーナーシップで農村支援を! : https://camp-fire.jp/projects/view/289720


2020年の募集は、9月30日まで上記サイトで行われており、3万円以上のリターンを選択するとオーナーシップが得られる。


ツリー一本から収穫される生豆の量は約1キロ。オーナーシップは年会費制だが、2年目からは管理費と輸送費だけで、ツリーから収穫されたコーヒー豆がオーナーに届く。オーナーはメールマガジンなどを通して自分のツリーの状態や農村・収穫の様子を知ることができる。


代表の太田氏は、Kapeco(Mt. Apo)のナチュラルプロセスのコーヒーは@甘み、A明るい酸味、Bワインのような発酵感が特長と話す。「かわいらしい風味〜エレガントな風味」と感覚的な表現もしているが、これは農家やロットによって風味に差異があるためである。コミュニティ開発学で博士号を取得後、太田氏は開発コンサルタントとして途上国の国際協力プロジェクトに従事。2015年からはフィリピン国ミンダナオ島のコーヒー事業を通して貧困農村の支援を続けてきた。


画像 : https://newscast.jp/attachments/5vlrVF9lNAnvsEzjhF50.jpg



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る