• トップ
  • リリース
  • ライオン、日立の洗濯乾燥機「ビッグドラム」の「洗剤直ぬり」コースを共同開発

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

ライオン株式会社〒130-8644 東京都墨田区本所1-3-7

ライオン、日立の洗濯乾燥機「ビッグドラム」の「洗剤直ぬり」コースを共同開発

(@Press) 2020年08月26日(水)10時30分配信 @Press

ライオン株式会社(代表取締役社長・掬川 正純)は、日立グローバルライフソリューションズ株式会社(取締役社長:谷口 潤、以下「日立」)のドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」(9月19日発売)に搭載する「洗剤直ぬり」コースを、共同で開発しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/223626/LL_img_223626_1.png
洗剤直ぬりコース

■共同開発の背景
当社は、落としにくい汚れには、衣料用液体高濃度洗剤『トップ スーパーNANOX』の原液を汚れに直接塗布して約12時間置き、そのまま洗濯機で洗濯する手法「塗布放置洗浄」を提案しています。このライオンの「塗布放置洗浄」の効果を、短時間で実現するために、日立の洗濯機機能の活用を検討してまいりました。そしてこの度、汚れに洗剤を塗布した後に、洗濯機による送風処理等を行うことで、洗剤の効果をより発揮できる「洗剤直ぬり」コースを共同開発し、洗濯機の標準コースでは落としづらかった、エリそで黒ずみ、黄ばみ、食べこぼしのような手ごわい汚れを短時間で落とすことを実現しました。


■「洗剤直ぬり」コースの詳細説明
「洗剤直ぬり」コースでは、衣料用液体高濃度洗剤を汚れに直接塗布して洗濯機に入れるだけの簡単な作業で、食べ物の汚れなどをきれいにします。洗剤を塗布した衣類を入れたあとに、高速風を当てることで洗剤の水分を蒸発させ、洗剤をより高濃度な状態にして、汚れを分解します。その後ナイアガラ洗浄の特長である大流量のシャワーで洗うことで、布について落としにくかったラー油や豆板醤などの色素や油が入った食べ物や調味料の汚れ、油性ペン、口紅などあきらめていた汚れまで、予洗いの手間なくきれいにします。

https://www.atpress.ne.jp/releases/223626/img_223626_2.png

<ご参考>日立グローバルライフソリューションズ株式会社のリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2020/08/0825a.html


<参考資料>
「洗剤直ぬり」コースにピッタリ!『トップ スーパーNANOX』が改良新発売
誕生から10年、『トップ スーパーNANOX』が、お洗濯の悩みに徹底的に応えるために更なる進化を遂げ、2020年9月2日(水)に改良新発売いたします。

https://www.atpress.ne.jp/releases/223626/img_223626_3.jpg

■商品特長
(1)洗濯成分が約7割(※1)の高濃度処方&手ごわい5大汚れに最強洗浄(※2)
・汚れを落とすのに必要な成分を厳選した高濃度処方で最強洗浄(※2)を実現
・センイ1本1本から汚れを落とす“スーパーナノ洗浄”
・濃縮しても固まらない植物生まれの独自の高洗浄成分MEE(メチルエステルエトキシレート)は、「洗剤直ぬり」コースでの洗浄におすすめです。

(※1)「洗濯成分」とは水と色素を除く成分のこと。NANOXは約2/3が「洗濯成分」
(※2)当社液体洗剤内、洗剤のみでの洗浄において

(2)ボトルと計量キャップの改良
・当社初!100%リサイクルPET(※3)を使用した透明ボトルを採用
・汚れに「直ぬり」しやすい「ベロ」がついた“べろ口キャップ(※4)”を新採用し使い易さも向上

(※3) ボトル部のみ。ノズル部、キャップ部等は除く
(※4) 液を衣類に塗布させやすいように、計量キャップの一部分を突き出すように成型したキャップ

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る