• トップ
  • リリース
  • アパート経営のアイケンジャパン、収益稼働率98.11%達成!

プレスリリース

株式会社アイケンジャパン

アパート経営のアイケンジャパン、収益稼働率98.11%達成!

(@Press) 2020年07月15日(水)10時30分配信 @Press

アパートの企画・販売と賃貸管理を行う株式会社アイケンジャパン(本社:福岡県福岡市、代表取締役:中島 厚己、以下 アイケンジャパン)が2020年6月末時点で収益稼働率98.11%を達成したことをお知らせします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/218898/LL_img_218898_1.jpg
アパート外観

アイケンジャパンでは、厳選した土地と建物をセットで企画・施工・販売し、建物の管理までトータルサポートで「堅実な」アパート経営を行っており、2020年6月末の時点で、施工実績は862棟、管理戸数は6,078戸を突破しました。フリーレントや、家賃値下げによる入居率の維持ではなく、入居者のニーズに沿って間取りや設備に工夫を施したり、賃貸業者や入居者様との信頼関係を構築したりすることなどにより空室を減らし、業界トップ水準の入居率をキープしているのが特徴です。

今回98.11%を達成した収益稼働率とは、アイケンジャパンが独自に掲げるアパート経営の新基準です。年間完全満室状態を100%とし、新築時のプランで提案された家賃収入が、経年によりどれだけ減収していくかを集計しています。立地の良さと建物の品質にこだわったアパートは、築年数が経っても家賃の下落が少ない傾向にあります。そのため優れた収益稼働率を維持することができ、堅実なアパート経営を続けていくことが可能となります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/218898/LL_img_218898_2.png
収益稼働率 グラフ

「人生100年時代」といわれる今、様々な資産形成の形がある中でアパート経営に注目が集まっているのには4つの理由があります。

■毎月安定した収入が入る
家賃収入は景気変動に左右されにくいため、急激な収入変動がありません。空室対策さえ怠らなければ、毎月安定した収入を得ることが可能です。

■土地が資産として残る
アパート経営は、家賃収入からローンを返済するため、給与などお手持ちの資金からの支出がありません。さらに、ローン完済後には無担保の土地が手に入ることになります。

■生命保険の代わりになる
アパート購入でローンを申し込む際、銀行の指定する「団体信用生命保険」が組み込まれています。オーナー様に万が一のことがあった場合、ローンの残額は生命保険によって完済され、ご家族には無借金のアパートと毎月の家賃収入が残ります。

■手間や時間がかからない
株やFXのように数字の動きに一喜一憂する必要がないため、副業として最適です。入居者募集や家賃回収、清掃まで煩わしい業務は全てアイケンジャパンが代行します。


<全国セミナー・内覧会情報>
全国各地で無料のアパート経営セミナーやアパート完成内覧会を開催していますので、アパート経営にご興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にご参加ください。

▼セミナー情報の詳細はこちらから
https://aikenjapan.jp/seminar/

▼内覧会情報の詳細はこちらから
https://aikenjapan.jp/open_house/

▼資料請求はこちらから
https://aikenjapan.jp/lp4/


■会社概要
社名 : 株式会社アイケンジャパン
代表者 : 代表取締役 中島 厚己
所在地 : 福岡市中央区天神2丁目7-21
設立 : 2006年8月18日
資本金 : 5,000万円
事業内容: アパートの企画・販売、賃貸管理
URL : https://aikenjapan.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る