• トップ
  • リリース
  • インクジェットプリントヘッドを自動でメンテナンスする技術が、大阪工研協会 第70回「工業技術賞」を受賞

プレスリリース

インクジェットプリントヘッドを自動でメンテナンスする技術が、大阪工研協会 第70回「工業技術賞」を受賞

(@Press) 2020年07月03日(金)12時00分配信 @Press

京セラ株式会社のグループ会社である京セラドキュメントソリューションズ株式会社(社長:伊奈 憲彦、以下、当社)は、一般社団法人 大阪工研協会が主催する、第70回「工業技術賞」を受賞しましたのでお知らせいたします。
「工業技術賞」は、科学技術の振興と若い研究者・技術者の育成のため、本会会員企業所属の技術者または特別会員研究者の中から、将来性も含めて工業化へ大きく寄与する研究開発、ならびに現場技術の進歩改善に功績のあった方々に贈られる賞です。
この度、受賞した「クリーニング液供給システムを用いたプリントヘッドメンテナンス技術の開発」は、当社が新規事業として今年3月、国内市場に投入した、商業用インクジェットプリンター「TASKalfa(タスクアルファー) Pro(プロ) 15000c」に搭載されているプリントヘッドを自動でメンテナンスする技術です。
インクジェットプリンターの出力品質を維持するためには、プリントヘッド表面で乾燥してしまったインクや汚れを除去し、常にクリーンな状態に保つ必要があります。そのため本技術では、乾燥したインクを溶解させる独自のクリーニング液を開発し、この液をヘッド端部に設けた専用ノズルからブレードに供給することによって、ヘッド表面を拭くことで汚れを除去する事に成功しました。さらにクリーニング液のみでの仕上げ拭きや、ブレード自体の洗浄システムを組み込むことにより、メンテナンスフリーで6,000万枚※の印字を可能にしました。
当社では、プリンターや複合機の開発で長年培ってきた長寿命技術をベースに、部品交換の少ない、環境にやさしいインクジェットプリンターを商品化いたしました。今後さらに高い信頼性を安価なシステムで実現できる、価値のある商品開発を進めてまいります。
※A4での換算枚数
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/217977/img_217977_1.jpg
本技術を紹介する動画は、以下URLを参照ください。
https://www.kyoceradocumentsolutions.co.jp/products/production/taskalfa-pro-15000c/



※ ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。












プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る