• トップ
  • リリース
  • オゾンガスでコロナウイルス対策!空気清浄機能付オゾンエア消臭・除菌機BT-180H(タムラテコ)のネット予約販売開始!

プレスリリース

株式会社アーマー

オゾンガスでコロナウイルス対策!空気清浄機能付オゾンエア消臭・除菌機BT-180H(タムラテコ)のネット予約販売開始!

(@Press) 2020年06月09日(火)13時15分配信 @Press

株式会社アーマーは、株式会社タムラテコ社のオゾン空気清浄機BT-180Hの予約販売を6月2日(火)に開始しました( https://www.ozoneair.jp )。本商品はオゾンで室内の浮遊菌・付着菌を除菌し、臭いのもとになる原因物質を分解することで、一般的なイオン系空気清浄機で得られない除菌やウイルス対策が可能です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/214856/LL_img_214856_1.png
BT-180H

URL: https://www.ozoneair.jp


■オゾン空気清浄機BT-180Hで新型コロナウイルス対策!
株式会社タムラテコ社のオゾン空気清浄機BT-180Hはオゾンエアを2種類の濃度でシーンに合わせて発生。室内の浮遊菌・付着菌を除菌し、臭いのもとになる原因物質を分解します。また、PM2.5までも99.95%除去し、オゾンの力でエアロゾル化した菌やウイルスを除菌。いつでも、クリーンな室内環境をこの一台で作り出します。BT-180Hは、一般的なイオン系空気清浄機で得られない除菌やウイルス対策が可能です。


■BT-180Hの特徴
<空気清浄機能付オゾン発生機>
消臭・ウイルス等の除菌をこの1台で実現しました。

<安心のタムラテコ社製>
タムラテコ社製オゾン発生機は東京消防庁の車両に搭載されています。

<オート運転を実現>
BT-180Hは高精度室内環境センサー(ダスト&臭気)が空間の状況を監視し「汚染モード」「不快モード」など最適な運転を自動で選びます。

<新開発コイルオゾン発生体でオゾンの発生量をスイッチ>
最大発生量の無人環境下ではオゾン出力600mg/hを誇ります。
有人モードでは、人がいても安全な0.1ppm程度の低濃度オゾンエアを発生させ、穏やかに室内の除菌と消臭を行います。

<タイマー機能で無人環境下での高濃度除菌が可能>
リモコンによる時刻予約で部屋から退出する時間に設定し、無人環境下で高濃度のオゾンエアによる除菌を行えます。

<高い脱臭能力>
BT-180Hは脱臭力も優れております。HEPAフィルター、活性炭フィルター、光触媒の三層構造を採用し、空気中の有害物質を酸化分解します。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/214856/LL_img_214856_4.png
クリーンな室内環境

■BT-180H
製品寸法:W400×D240×H680mm
質量 :10.5kg
適応面積:最大100平米
価格 :324,500円(税込)
https://www.ozoneair.jp
※別途送料が発生いたします。
※デザインが変更される場合がございます。


■オゾンによる新型コロナウイルス不活化を確認!
奈良県立医科大学での検証結果で新型コロナウイルスがオゾンガスによって無害化することを世界で初めて確認したと発表されました(※1)。実証されたオゾンガスは空気中だけでなく、浮遊菌、付着菌などのエアロゾル化したウイルス・細菌を不活性化させ、においのもとになる原因物質も分解します。

※1 【プレスリリース】5/14、世界で初めてオゾンによる新型コロナウイルスの検証レポート(公立大学法人奈良県立医科大学 / 一般社団法人MBTコンソーシアム)
http://www.naramed-u.ac.jp/university/kenkyu-sangakukan/oshirase/r2nendo/documents/houdousiryou.pdf


■医療現場や救急車にオゾン発生機導入
ウイルス対策に効果がある事から、東京消防庁を初めとする全国500台以上の救急車にタムラテコ社のオゾン空気清浄機が搭載されています(消防用名称:BT-O3)。私たちが吸っている酸素O2に電気分解でオゾンO3を作り出し、分解後は酸素に戻る事から、最も安全に除菌・分解し、浮遊菌・定着菌を除菌するため、医療現場や救急車にはオゾン発生機が導入されています。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る