• トップ
  • リリース
  • 中国マーケットに向けての発信で、観光施設を支援!新型コロナウイルス終息後の「トラベル・バブル」を見据えた未来チケット(先払いの宿泊券)の販売・プロモーションを開始

プレスリリース

株式会社 行楽ジャパン

中国マーケットに向けての発信で、観光施設を支援!新型コロナウイルス終息後の「トラベル・バブル」を見据えた未来チケット(先払いの宿泊券)の販売・プロモーションを開始

(@Press) 2020年05月21日(木)11時15分配信 @Press

中国本土に向けたSNSマーケティング・インバウンド支援事業を実施する株式会社 行楽ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役:袁 静/エン セイ)は、新型コロナウイルスの影響を受け、苦境に立っている観光業の支援として、新型コロナウイルス終息後に宿泊できるチケットの販売やWeChat・Weiboなど中国SNSを通じて日本のホテル・旅館・観光施設のプロモーション支援を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/213303/LL_img_213303_1.jpg
プロモーション・販売フロー

■SNS自社アカウントを通じて、日本旅行リピーターに向けてPR
行楽は2013年より、中国本土における日本旅行リピーター向けに、日本専門の旅行雑誌やSNS、イベント等を通じて、日本の情報を発信し続けてきました。現在では自社SNSアカウントの合計フォロワー数が約110万人(WeChat約60万人・Weibo約30万人・ほか20万人)に及びます。

新型コロナウイルスの影響による観光業の急速な減退に伴い、帝国データバンクや東京商工リサーチによると、すでに旅館業の倒産件数が合計で28社(20年5月9日現在)となるなど、未だ復興の兆しが見えない状況となっています。このような事態のなか、少しでも観光業への支えとなるべく、宿泊料金を先払いする未来チケットを販売するとともに、コロナ終息後に訪れる中国との「トラベル・バブル」を見据えたSNSプロモーションを同時に実施し、直近の収入源の確保と中国本土内の認知拡大を同時に行えるサポートプロジェクトを開始いたします。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/213303/LL_img_213303_2.png
WeChat配信イメージ

■SNSプロモーションと宿泊券の販売について
観光施設等のプロモーションについては中国SNSの行楽アカウントを通じて発信。宿泊券の販売は微店(ウェイディエン)を利用します。チケット購入者と施設側の間に行楽が入り、予約などの管理と調整をいたします。
未来チケットのプランとしては、ひとつの宿・施設に対してひとつのプランを想定しており、プラン内容も行楽のアドバイザーと協議の上、ただの安売りではなく、しっかりと料金単価を確保できるように付加価値サービスを付随して販売いたします。


【会社概要】
社名 : 株式会社 行楽ジャパン
URL : https://kouraku-japan.jp/
所在地 : 〒105-0022 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3階
※5月25日以降の所在地:
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-18-6 PMO京橋東4F
設立 : 2007年上海オフィス開設
2015年日本オフィス開設
代表取締役: 袁 静
中国拠点 : 〒200031 上海市淮海中路1390弄9号
事業内容 : ・インバウンド事業サポート ・行楽エリート倶楽部運営
・インフルエンサーマネジメント
・SNSマーケティング ・行楽読者マーケティング
・オフ会イベント ・MOOK本・編集・その他コンテンツ


【お問い合わせ先】
株式会社 行楽ジャパン
担当 : 西光、藤原
E-mail: info@kouraku-elite.com

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る