• トップ
  • リリース
  • ダイレクトクラウド、DXを加速する企業向けに『DirectCloud-BOX』を大幅にアップデート

プレスリリース

株式会社ダイレクトクラウド

ダイレクトクラウド、DXを加速する企業向けに『DirectCloud-BOX』を大幅にアップデート

(@Press) 2020年05月20日(水)09時30分配信 @Press

法人向けクラウドストレージ『DirectCloud-BOX』を手がける、株式会社ダイレクトクラウド(本社:東京都港区、代表取締役:安 貞善)は、2020年5月19日(火)にアップデートを実施しました。

インテリジェントストレージ『DirectCloud-BOX』を導入することで、DXを加速する企業向けの新機能として、「共同編集」「全文検索」「スマートリンク」「アクセス権一括登録」などの新機能を提供し、企業の業務効率化を加速させます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/213154/LL_img_213154_1.jpg
インテリジェントストレージがDXを加速する

■社内外を問わない情報資産活用の重要性
企業における情報活用や業務フローはデジタル化が進み、社内外を問わない情報資産活用の重要性はますます高まっていきます。
これは、大手企業に限った話ではなく、より競争力が求められる中堅・中小企業にも同様に当てはまります。
昨今、テレワークや在宅勤務などさまざまな勤務形態や、取引先・プロジェクトなどとの、さまざまな情報共有が求められています。

企業の中には、営業活動で作成される説明資料や開発部門の商品データ、その他の書類や伝票など、さまざまな情報が氾濫しています。
しかしながら、従来のファイルサーバーでは、社内で組織を横断するかたちでの情報共有が難しく、組織や部門を超えた情報の共有や横断型プロジェクトの推進への対応が難しいです。
また、テレワークを拡大するなかで、通信を暗号化して情報漏洩を防ぐ「VPN」の逼迫が、テレワークを推し進めていくうえでボトルネックとして浮上しているとも言われています。


■『DirectCloud-BOX』が大幅なアップデートを実施し、企業のDXを強力に支援
ファイルサーバーからインテリジェントストレージ『DirectCloud-BOX』へ移行することで、リモートワークなどの多種多様な勤務環境で社内拠点、取引先との安全かつスムーズな情報共有が実現できます。

インテリジェントストレージ『DirectCloud-BOX』を導入することで、オンライン上で複数人での共同作業を素早く行える「共同編集」、高性能な全文検索エンジンを使い、膨大な文書からユーザーが求める情報を瞬時に探し出す「全文検索」、多くのユーザーを登録しアクセス権を一括で登録・管理する「アクセス権一括登録」など、DXを加速する企業向けの新機能をご利用いただけます。これにより、ダイレクトクラウドは企業の業務効率化を加速させます。


■法人向けクラウドストレージ『DirectCloud-BOX』に、新たに追加された機能は以下になります。

・共同編集機能(β版)を追加
Webアプリケーションのプレビュー画面上で、複数のユーザーからの同時編集が可能になります。
(.doc、.docx、.xls、.xlsx、.ppt、.pptx のみ対応)

関連ページ
https://directcloud.jp/about/func_user07

・全文検索機能を追加
検索でファイル内の文字を対象にすることができるようになります。

関連ページ
https://directcloud.jp/about/func_user03#user03-2

・検索機能の強化
検索条件や結果を保存できるようになります。また、コメントの検索ができるようになります。

関連ページ
https://directcloud.jp/about/func_user03#user03-1

・スマートリンク
ファイルリンクを使い、顧客、パートナー、同僚などとファイル共有する際に、上書き、ファイルの追加、アクセス期限切れ、相手の確認漏れなど、さまざまな出来事が発生します。
そんなときにシステム側でそれらのイベントを検知し、自動で通知メールが送られるので、送信者と受信者の両方とも簡単かつ確実にリンクでのファイル共有が行えます。

関連ページ
https://directcloud.jp/about/func_user01#user01-1

・ホーム画面(クイックアクセス)の新設
ホーム画面で同僚や取引先とやり取りしたコメントやファイル、リンクでアップロードされたファイルを確認することができるので、煩雑な画面を操作することなく瞬時に情報共有できます。

関連ページ
https://directcloud.jp/about/func_user04#user04-1

・アクセス権の一括登録機能を追加
共有のアクセス権をCSVで一括登録することができるようになります。

・DirectCloud VISIBLE(β版)の提供を開始
『DirectCloud-BOX』がどのように使われているのかを分析することが可能になります。

・ユーザー情報に言語設定を追加
ユーザーごとに言語設定を追加します。
これにより、システムからの通知メールは、設定した言語で送信されます。

・ユーザー登録の方法を変更
ユーザー登録の際に、パスワードは管理者が入力するのではなく、ユーザーに対してパスワード登録用のURLが記載されたメールを送り、ユーザーが入力する方法に変更します。

・二要素認証にSMS認証を追加
SMSを利用したワンタイムパスワードの発行に対応します。

・すべてのアプリケーションのセッション管理機能を追加
ワンタイムパスワードを利用してログインした時のセッションを維持する設定が管理ページで可能になります。

・ログイン画面のパスワードフォームの仕様を改善
ログイン画面のパスワードフォームに、パスワードを表示するアイコンを追加します。また、パスワードを削除するときに1文字ずつ削除できるようになります。

・同一ファイル名のアップロードの制御
同じ名前のファイルをアップロードする場合の処理を、管理者が設定できるようになります。

・ログの強化
管理ページのリンク履歴のCSVに、リンクの送信先が追加されるようになります。


■インテリジェントなクラウドストレージへ進化する『DirectCloud-BOX』
DX・働き方改革を推進し、生産性を向上したい企業にとって“シームレスな情報のやり取り”は非常に重要なキーワードです。
『DirectCloud-BOX』が目指す「インテリジェントストレージ」とは、社内外を問わず、マルチデバイス環境でセキュアにファイルを持ち運びできる高度な共有ワークスペースです。また、ファイルのやり取りだけでなくコミュニケーションもスムーズに行える革新的なサービスを目指しています。
ダイレクトクラウドは、オンプレミスサーバーを「インテリジェントストレージ」に代替することによって、全職員と取引先が血液のように情報を循環させることで DXを加速し、情報漏洩のリスクを回避しながら時間短縮、業務効率向上を支援するサービスを提供していきます。

関連ページ
https://directcloud.jp

30日間無料トライアルはこちら
https://directcloud.jp/download/webtrial


■会社概要
株式会社ダイレクトクラウド
本社 : 〒105-0021 東京都港区東新橋2-12-1 PMO東新橋 7階
代表者 : 代表取締役 安 貞善
設立年月日: 2004年5月
資本金 : 1億3,414万円
URL : https://directcloud.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る