• トップ
  • リリース
  • ラティス、製造現場の図面レスを支援する3D Web配信ソリューション新バージョンをリリース

プレスリリース

ラティス・テクノロジー株式会社

ラティス、製造現場の図面レスを支援する3D Web配信ソリューション新バージョンをリリース

(@Press) 2020年04月14日(火)15時00分配信 @Press

ラティス・テクノロジー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鳥谷 浩志、以下 ラティス)、タブレット上で3Dモデルの断面と寸法表示を可能にしたWeb配信ソリューション「XVL Web3D Manager」( https://www.lattice.co.jp/products/lineup/web3d-manager/ )の最新バージョンVer.4.2(以下 新バージョン)を、2020年4月15日(水)に販売を開始します。新バージョンでは図面上の情報を3Dモデルで配信、必要な情報を現場確認できるので、図面レスを強力に支援します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/210355/LL_img_210355_1.png
製造現場の図面レスを支援する3D Web配信ソリューション

働き方改革の中、製造業でも生産性向上や従業員満足度向上を実現する環境づくりが求められています。しかし、そのボトルネックとなっているのが、紙図面の存在です。現在、紙図面をベースとした製造現場はアナログな手作業に依存しているため、組立情報の記入漏れ、設計変更への追従遅れ、寸法記載ミス、図面の保管場所を確保、さらには情報漏洩といった多くの課題を抱えています。そこで注目を集めているのがタブレットを活用した製造現場の図面レス化です。

新バージョンでは、タブレットなどに特別なソフトウェアをインストールすることなく、Webブラウザ上で大規模な3Dモデルによる組立図や、3Dアニメーションによる組立手順書の配信も可能です。ラティス独自のサーバー技術を搭載、サーバー側の曲面データを参照することで、他社ソフトでは困難なタブレット上での高精度の断面表示や寸法確認が可能になっています。

現場作業者はブラウザ上で3Dモデルの確認したい箇所をリアルタイムに断面確認したり、部品間の距離も精度高く計測できるので、試作時の問合せ件数や確認時間が削減可能、また、設計者の事前準備工数も大幅に削減します。さらに、不慣れな作業員や外国人労働者もブラウザ上で作業手順を3Dアニメーションで確認できるので、手順を即座に理解でき、3Dの組立手順書は生産準備の垂直立上にも貢献します。

ラティスは、一気通貫した3Dデータの徹底活用で業務革新を強力にサポートすることで、製造業のデジタルトランスフォーメーションに貢献していく考えです。

「XVL Web3D Manager」に関するご質問は、ラティス・テクノロジーにお問い合わせください。

【価格】
・XVL Web3Dソリューション:初期コンサル料金込みで ¥12,000,000〜(別途消費税)
※有償サービスを展開する場合には、別途年間利用料が必要となります。


■XVLとは?
ラティス・テクノロジーが開発した世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術です。製造現場に蓄積された3次元CADの大規模データを扱うソリューション基盤として国内外の数多くの企業で採用されています。


【会社概要】
商号 : ラティス・テクノロジー株式会社(Lattice Technology Co.,Ltd.)
本社 : 〒112-0004 東京都文京区後楽2-3-21 住友不動産飯田橋ビル10階
代表 : 代表取締役社長 鳥谷 浩志
資本金 : 7億円
事業内容: 超軽量3DフォーマットXVL関連ソフトウェアの開発・販売、
コンサルティングなど、3Dデータ活用のソリューションサービス提供
URL : https://www.lattice.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る