プレスリリース

富士フイルム株式会社

「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」新発売

(@Press) 2020年04月06日(月)14時40分配信 @Press


画像 : https://newscast.jp/attachments/J42lcUSbrcV0cPcNo5bw.jpg


富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、ユーザーのもとで快適にペタバイト*1クラスの大容量データを管理できるソフトウエア「FUJIFILM オブジェクト アーカイブ」(以下、「オブジェクト アーカイブ」)を4月6日より発売します。
「オブジェクト アーカイブ」は、データの容量拡張性と検索性に優れる「オブジェクト形式のストレージ」を磁気テープで実現するソフトウエアです。低コストで安全にデータの長期保管を行うことができ、ますます増大するデータストレージ需要に応えます。
◆詳細はWebページをご覧ください。
https://www.fujifilm.com/jp/ja/news/list/3217?link=atp
昨今、IoT・ICTの進展やAIを用いたビッグデータ解析の普及などにより、世の中のデータ量は爆発的に増加しています。なかでも、生成されてから時間が経ちアクセス頻度が低くなったコールドデータは、全データの8割以上を占めると言われています。近年では、コールドデータをはじめ、蓄積したデータを活用する動きが急速に進んでおり、これらのデータを長期に保管したいというニーズが高まっています。
現在、データの保管は、階層的なツリー構造によりデータを分類して管理する「ファイル形式のストレージ」を用いるのが一般的ですが、「ファイル形式のストレージ」は、データ容量の増加に伴い処理速度が低下するなどの課題があります。一方で、近年クラウドを中心に導入が進んでいる「オブジェクト形式のストレージ」は、データを構造化せずに管理するため、保存できるデータ容量を簡単に拡張可能。また、個々のデータに任意のメタデータ*2を付与することで素早く正確にデータの検索を行えるといった特長も有しており、ワールドワイドで年率約3割の市場成長が見込まれています。
今回発売する「オブジェクト アーカイブ」は、データの容量拡張性と検索性に優れる「オブジェクト形式のストレージ」を磁気テープで実現するソフトウエアです。本製品のために磁気テープ記録フォーマット「OTFormat」を新規開発し、磁気テープストレージを用いてペタバイトクラスの大容量データ*3を低コストで長期保管することを可能にしました。さらに、ネットワークから隔離したエアギャップの状態でデータ保管を行えるため、サイバーアタックなどによるデータ破損・消失のリスクが低く、高い安全性を実現します。また、「オブジェクト形式のストレージ」で幅広く採用されている「S3互換API」*4を実装しており、磁気テープストレージとハードディスクドライブ(HDD)・ソリッドステートドライブ(SSD)を組み合わせることが可能。アクセス頻度に応じて最適なストレージにデータを保管できます。このほか、クラウドストレージと磁気テープストレージのスムーズな連携もできるため、ネットワーク上で共有するデータをクラウドストレージに、機密性の高い大容量コールドデータを磁気テープストレージに保管するなど、データの属性やユーザーニーズに応じてご利用いただけます。
今回、当社は、新たに磁気テープストレージを導入する方だけでなく、すでに磁気テープストレージを導入している方にも「オブジェクト アーカイブ」を提供し、低コストで安全性・利便性に優れたストレージシステムの構築に貢献します。今後も、世界シェアNo.1*5のコンピューター用磁気テープメーカーとして、ユーザーのニーズと信頼にお応えする高性能・高品質のメディアやサービスを開発・提供し、世の中の社会課題の解決に取り組んでいきます。
*1 1ペタバイト=1,000,000GB。
*2 データの属性などを表す付帯情報のこと。作成日時・場所、作成者、キーワードなど。
*3 2020年度中にバージョンアップを行い、さらなる容量拡張を可能とするとともに、メタデータ検索を行える機能を追加する予定です。
*4 Amazon社が提供するクラウドストレージサービス「Amazon S3」とデータ通信を行うためのインターフェース。APIはApplication Programming Interfaceの略。「オブジェクト アーカイブ」は、データの読み出し時のみ「S3 Glacier 互換API」を使用。
*5 生産者シェア。当社調べ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
富士フイルム お知らせ一覧
  ⇒ https://www.fujifilm.com/jp/ja/news/list?link=atp
富士フイルム株式会社
  ⇒ https://www.fujifilm.com/jp/ja?link=atp
※リンク先は本件掲載時点の情報であり、予告なく変更になる場合があります。
※本ページに記載している地名・人名など一部の文字で表示できない旧字体は新字体または平仮名に置き換えている場合があります。
※本ページに記載している個々の文章、図形、デザイン、画像、商標・ロゴマーク・商品名称などに関する著作権その他の権利は富士フイルムまたは原著作権者その他の権利者が有しています。



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る