• トップ
  • リリース
  • 新型コロナウイルス感染症拡大による臨時休校への対応について

プレスリリース

インフォコム株式会社

新型コロナウイルス感染症拡大による臨時休校への対応について

(@Press) 2020年02月28日(金)18時30分配信 @Press


 インフォコム株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:竹原 教博) は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で国が全国の小中学校、高校、特別支援学校を3月2日から臨時休校とするよう要請したことを受け、以下の措置を取ることを決定しましたのでお知らせします。
 なお、当社グループは2月18日以降、感染拡大の防止と従業員・関係者の皆様の安全確保のため、時差出勤と在宅勤務を推奨するとともに、海外出張を自粛するなどの対応を行っています。
1.勤務時間の扱い
  在宅勤務を実施した従業員は、成果や勤務時間に関わらず所定時間を勤務したとみなします。
2.託児費用の会社負担
  従業員が子供の学校等の休校・休園に伴い、勤務するためにベビーシッターや託児所を利用するなど、通常の保育サービスの利用以外で発生する費用は全額会社負担とします。(正社員・契約社員・パート社員・派遣社員を含む。)
3.特別休の付与
  子どもの世話のため、やむを得ず出勤・在宅勤務のいずれも困難な日については、「特別休(有給)」とします。
 インフォコムグループは、当社グループ従業員とその家族の安全を最優先事項と考え、国の対応や感染の広がりなどを注視しながら、必要な対応を行ってまいります。


インフォコムグループについて


 インフォコムグループは、医療機関や一般企業向けに情報システムを提供するITサービス事業と、一般消費者向けに電子コミック配信サービス「めちゃコミック」を提供するネットビジネス事業を展開しています。
[インフォコム株式会社] 代表取締役社長 竹原 教博、1983年設立、東証一部
連結売上高517億円、連結従業員数1,082名(2019年3月期)



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る