• トップ
  • リリース
  • spaceクラウドレンタルサーバーがAIを使った新セキュリティーシステムを導入

プレスリリース

株式会社トーマスオブアメリカ

spaceクラウドレンタルサーバーがAIを使った新セキュリティーシステムを導入

(@Press) 2020年02月26日(水)15時00分配信 @Press

株式会社トーマスオブアメリカ(所在地:福岡県福岡市、代表者:曽木 彰之)は、spaceクラウドレンタルサーバーがAIを使った新セキュリティーシステムを導入することをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/206508/LL_img_206508_1.jpg
トップページ

URL: https://spacecloud.jp

提供サービスプラン:クラウド型レンタルサーバープラン
提供開始日 :2020年3月9日


■特徴
・アドバンストファイアウォール
最新のAI技術を取り入れたファイアウォールによりポートスキャン、DoS攻撃、ブルートフォースアタック(総当たり攻撃)からお客様のサーバーを守り、またWAFとのコンビネーションによりWebアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃からWebサイトを守ります。

・感知システムと防御システム
AIを利用したIPSとIDSによりサーバーへの攻撃をシャットダウン。

・マルウェアの自動検知
マルウェアの自動検知により、Webサイトが改ざんされた場合も自動的にマルウェアを隔離することで、より安全なご利用が可能。

・プロアクティブディフェンス
通常のウイルスチェックソフトでも見つからないウイルスをAIを使った技術により自動的に防御。

・Reputation管理機能
共用プランを運用している場合、セキュリティーに気を使っても利用者の中に稀にスパムを配信されたり、セキュリティーリスクの高いスクリプトを使われる方がいます。その場合国際機関のブラックリストにサーバーが登録されることがあります。

・Reputation管理機能とは
国際機関のブラックリストにサーバーが登録されたら即座に検知されAIによる対策を実施します。


■会社概要
会社名 : 株式会社トーマスオブアメリカ
所在地 : 〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目9-17
福岡天神フコク生命ビル 15階
設立年月日 : 2002年5月21日

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る