• トップ
  • リリース
  • 多様性が進んだ今だからこそ必要!静岡県発祥 避難所運営ゲーム(HUG訓練)実施

プレスリリース

KTCおおぞら学院株式会社

多様性が進んだ今だからこそ必要!静岡県発祥 避難所運営ゲーム(HUG訓練)実施

(@Press) 2020年02月21日(金)16時30分配信 @Press

「高卒資格がゴールじゃない。なりたい大人になるための学校(R)。」を掲げる広域通信制・屋久島おおぞら高等学校の指定サポート校・KTCおおぞら高等学院(本部:名古屋市、学院長:小林英仁)浜松キャンパスでは、2/25(火)9:30〜11:30に同キャンパスにて市役所職員による避難所運営ゲーム(HUG訓練)を実施致します。

日本は、世界有数の地震国であり、いつどこで大地震が発生しても不思議ではありません。大地震が発生した場合、家屋の倒壊や津波、火災、山・がけ崩れなどにより、被災した多くの人々が避難所での生活を強いられることになります。

避難所HUGは、避難所運営を皆で考えるためのひとつのアプローチとして静岡県が開発したものです。避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。

今後、生徒が力強く社会に出て生きていくために、この避難訓練を通して、ぜひ「自分の身は自分で守る」大切さを学んでもらいたいと思っています。

お忙しいところ恐縮ではございますが、ぜひご取材賜りたくご案内申し上げます。

KTCおおぞら高等学院
2002年設立。学校法人KTC学園 通信制屋久島おおぞら高等学校と連携し、不登校や高校中退からの再スタート、あるいは高校生活と夢の両立をめざす生徒たちが、全国42キャンパスに8,500名在籍し、卒業生30,000名超を輩出した通信生高校サポート校。「高卒資格がゴールじゃない。なりたい大人になるための学校(R)。」として、生徒たちが、一人ひとりの「なりたい大人」像を伸び伸びと描いていけるような体験や学びに重きを置いた教育を実践しています。

【避難訓練 概要】
日 時 令和2年2月25日(火)9:30〜11:30
場 所 KTCおおぞら高等学院 浜松キャンパス 浜松市中区伝馬町313-25 伝馬町中央ビル
U R L https://www.ktc-school.com/campus/hamamatsu/
参加者 浜松キャンパス1〜3年次生徒 約30名


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る