• トップ
  • リリース
  • 「千葉市指定可燃ごみ袋」をレジ袋として使用するための実証実験を千葉市と行います

プレスリリース

ミニストップ株式会社

「千葉市指定可燃ごみ袋」をレジ袋として使用するための実証実験を千葉市と行います

(@Press) 2020年02月21日(金)13時30分配信 @Press

ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:藤本明裕)と千葉市は、千葉市とイオン株式会社(関連会社を含む。)との包括連携協定に基づき、プラスチックごみ削減に向けて、指定可燃ごみ袋(10リットル)をレジ袋として使用するために、店頭販売を行う実証実験を3月2日より開始します。
ミニストップでは、2019年6月から千葉市内の2店舗にて、レジ袋の無料配布中止実験※を行っておりレジ袋の辞退率が約9割になるなど、取り組みの成果が出ております。
この取り組みの一環として、レジ袋としても利用可能な「指定可燃ごみ袋(10リットル)」の販売実証実験を開始します。
当該実証実験は、指定可燃ごみ袋を買い物袋として使っていただくことで、ごみとして捨てられてしまうレジ袋の総量を抑え、プラスチックごみ削減に繋げることを目的とします。


1. 実証実験名
レジ袋削減に向けた取り組み 〜8円から始めよう!エコ活動〜

2. 実証実験期間
2020年3月2日(月)〜5月31日(日)

3. 販売価格
指定可燃ごみ袋(10リットル) 1枚8円 (通常の販売は、10枚セットで80円)

4. 実施店舗
イオンタワー店(千葉県千葉市美浜区中瀬1ー5ー1)
イオンタワーアネックス店(千葉県千葉市美浜区中瀬1ー4)
稲毛東3丁目店(千葉県千葉市稲毛区稲毛東3ー17ー10)

5.今後の予定
実証実験の結果、需要がありサービスの拡大に繋がることが確認できれば、千葉市と協議の上、本格実施したいと考えています。

6. 添付資料
店内掲示物・指定可燃ごみ袋画像
※ レジ袋の無料配布中止実験は稲毛東3丁目店では行っておりません。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る