• トップ
  • リリース
  • LINE公式アカウント特化の顧客対応クラウドサービス『CScloud』が、EC基幹システム『EC Force』とAPI連携を開始

プレスリリース

スタークス株式会社

LINE公式アカウント特化の顧客対応クラウドサービス『CScloud』が、EC基幹システム『EC Force』とAPI連携を開始

(@Press) 2020年02月26日(水)15時00分配信 @Press

テクノロジーで社会課題を解決するITベンチャー企業、スタークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:上ノ山 慎哉)は、LINE公式アカウント特化の顧客対応クラウドサービス『CScloud(シーエスクラウド)』において、株式会社SUPER STUDIO(本社:東京都目黒区、代表取締役:林 紘祐)が提供する、EC基幹システム『EC Force』とAPI連携を開始いたしました。
これにより、EC Force利用企業様は、顧客情報・注文情報に紐付いたLINEでのCRMやカスタマーサポートが可能になり、LTV向上やカスタマーサポート業務の負荷軽減が期待できます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/206027/LL_img_206027_1.png
CScloudとEC ForceがAPI連携

<EC ForceとのAPI連携で実現できること>
(1) 顧客・注文情報を見ながらのLINEチャット(Bot含む)対応
(2) 顧客・注文情報でセグメントしたLINEのメッセージ配信
(3) 配送状況の確認等、マイページ機能の一部をLINEのトーク内で実現


▼API連携の背景
昨今、広告費の高騰・メールの開封率低下に伴うCRM施策の限界・コールセンターコストの増加など、通販・EC業界を取り巻く環境が悪化する中で、月間アクティブユーザー8,300万人(※2019年12月末時点)を抱える“LINE”の活用が注目を集めています。
そこで、CScloudとEC Forceのシステム連携を行うことで、顧客・注文情報に紐付いたLINEでのCRMやカスタマーサポートが可能になり、1to1マーケティングによるLTV向上やチャットボットによる問い合わせコストの削減などの業績向上効果が見込まれます。


▼API連携で実現できる3つのメリット
1)顧客・注文情報を見ながらのLINEチャット(Bot含む)対応
LINE公式アカウントを使ってカスタマーサポートや接客業務を行うにあたり、顧客情報を見ながらの有人対応や注文情報に基づくチャットボットの出し分けが可能になります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/206027/LL_img_206027_2.png
顧客・注文情報の連携
2)顧客・注文情報でセグメントしたLINEのメッセージ配信
顧客・注文情報でセグメントしたLINEのメッセージ配信ができるので、アップセルやクロスセル、休眠顧客の掘り起こし、クレジットカード払いへの切り替え促進等のキャンペーンが効果的に行なえます。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/206027/LL_img_206027_3.jpg
セグメント配信
3)配送状況の確認等、マイページ機能の一部をLINEのトーク内で実現
EC基幹システムのマイページにログインすることで参照できる配送状況の確認等が、LINEのトーク内でも行えるようになります。これにより、ユーザーの利便性が高まります。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/206027/LL_img_206027_4.png
配送状況の確認

▼「CScloud(シーエスクラウド)」とは http://www.cs-cloud.jp/
「CScloud」とは、LINE公式アカウントのMessaging APIを利用して、1対1トークの効率化、自動応答シナリオ、セグメント配信などができる顧客対応クラウドサービスです。
2017年12月のサービス提供開始後、数多くの通販・EC企業に対して、チャットボットとLINEチャットを活用したカスタマーサポート、LINEのトークやアンケートで得られたユーザー情報に基づくCRM施策、LINEの友だち追加広告(CPF)を使った新規顧客獲得などの実現を支援してきました。
2019年にはLINE株式会社の各種法人向けサービス販売・開発パートナーを認定するプログラム
「LINE Biz-Solutions Partner」の「LINE Account Connect」部門にて、『Technology Partner』に認定され、
LIFFやFlex Messageなど、LINEの新機能にも対応しております。


▼「EC Force(イーシーフォース)」とは https://ec-force.com/
「EC Force」は、ECサイトのROIを最大化する最先端の販売特化機能を有するEC基幹システムです。柔軟な分析機能で広告費用の最適化やCRM施策を実施し、売上・利益を向上させ、シンプルなUIとオペレーションの自動化で効率、品質向上をサポートします。アパレルやコスメのブランディングから、多数の商品を取り扱うショップの細やかなデザインまで幅広く対応しています。現場で培ったノウハウを持つECコンサルタントによるサポート、大型ショップを支える強固なインフラ設計を強みとしています。


【会社概要】
会社名 : スタークス株式会社
代表者 : 代表取締役 上ノ山 慎哉
本社所在地: 東京都品川区西五反田1-21-8 ヒューリック五反田山手通ビル5F
設立 : 2012年7月
URL : http://starx.co.jp/
事業内容 : 物流プラットフォームサービス「クラウドロジ」の開発・提供
LINE公式アカウント特化の顧客対応クラウド「CScloud」の
開発・提供

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る