• トップ
  • リリース
  • 消えゆく町工場、異業種とワンチームで起死回生!技術力を活かした日本初の天然毛ペット用歯ブラシ、売れ行き好調

プレスリリース

有限会社多葉刷子工業所

消えゆく町工場、異業種とワンチームで起死回生!技術力を活かした日本初の天然毛ペット用歯ブラシ、売れ行き好調

(@Press) 2020年02月13日(木)10時00分配信 @Press

歯ブラシの製造を行う有限会社多葉刷子工業所(本社:大阪府八尾市、代表:多葉 宣宏)による、日本初の天然毛ペット用歯ブラシ「MIGAKENDE(ミガケンデ)」が当初一年で販売する予定数を3ヶ月経たずに達成、売れ行き好調です。

国産の天然毛ペット用歯ブラシ「ミガケンデ」= https://migakende.com


【世界的に高い技術を持ちながら、激減していく町工場】

ノーベル賞を受賞したリチウムイオン電池、人工衛星「まいど1号」、世界中の脳外科医が使用する手術器具、これらには共通点があります。それは小さな町工場。日本の町工場の技術は高く、世界中から高い評価を得ている物が数多くあります。

しかし、そんな日本が誇る技術を持っている町工場は減少の一途をたどっています。日本の高度経済成長を牽引した東京大田区の町工場群、2014年に大田区が実施した調査では1983年に約9,200社あったのが、3,400社程度にまで減少しています。バブル崩壊やリーマンショックという大きな要因もありますが、不振の理由の多くは下請けの構造です。町工場の多くは、長年メーカーの下請けとしてものづくりをしてきましたが、近年は海外市場に押されて下請けの仕事が少なくなってきました。その間、ほとんど営業活動をしてこなかったので新しく仕事を取ってきたり、商品を自ら販売するということがうまくいかないというのもあります。


【下請け脱却を決意した、八尾の歯ブラシ工場】

大阪府八尾市も全国でも有数のものづくりの町、河内木綿やブラシ産業などの地場産業で発展してきました。そんな八尾市でもやはり、町工場はピーク時の3分の1以下に減少しています。創業71年、八尾市で歯ブラシの製造を行っている多葉刷子工業所も危機的状況でした。先代までは100%大手一社のみの下請け、どうしても仕事量に波があり、仕事がない時期はパート従業員に帰ってもらうという日が続くこともありました。下請けだけでは先行きも不安、もう従業員に休んでもらうようなことはしたくないと、社長は自社商品の開発を決意しました。

既存の歯ブラシでは大手に太刀打ちできない、他にはない新しい商品を開発しようと調査を始めました。そんな時に、妻の実家のトイプードルが口臭がするからと動物病院に連れて行ったら、全身麻酔で歯を数本抜かれて帰ってきたのを目の当たりにし衝撃を受けました。犬でも歯磨きが重要であることを初めて知り、「自分は歯ブラシを作っているのだから、助けられるはずだ。」と犬用の歯ブラシの開発を決めました。


【きっかけは実体験から、自社の強みを活かした商品】

開発に向けて専門家の意見を聞こうと、20カ所以上の動物病院やペットグッズの店舗に足を運びましたが「犬は歯磨きを嫌がるから作っても無駄だ。」と言われどこも取り合ってもらえませんでした。そんな中、八尾市のとよなが動物病院の豊永眞弥院長だけが熱心に話を聞きアドバイスをくれました。院長によると、一般的には動物は人間の約5倍のスピードで歯垢が歯石になり、歯周病になるとひどい時には命にも関わる危険性があるとのこと。それを回避するには人間同様に日頃の歯磨きが重要、犬が嫌がらないように歯ブラシは可能な限り柔らかくした方がいいとのことでした。

一般的な歯ブラシはナイロン製の毛を使用していますが、柔らかさを出すために豚や馬という獣毛を試みましたが、もっと柔らかいものが良いとのことで、高級な化粧筆にも使われている極細のヤギの毛を使用することに。獣毛は柔らかく不揃いなため、歯ブラシ本体に植毛するのは困難な作業ですが、当社はもともと植毛技術を備えていたため自社の強みが発揮できる商品となりました。


【ワンチーム!異業種とタッグを組んで成功へ】

そうして完成したのが日本初の天然毛を使用したペット用歯ブラシ「ミガケンデ」。地元の八尾にちなんで名付けました。昨年10月1日に販売を開始したところ、当初一年で販売する予定数を3ヶ月経たずに達成、すぐに増産に入りました。全てが初めての自社商品でしたが、獣医師と共同開発し、商品やパッケージのデザインやWEBサイトの作成、販売の展開など、異業種とワンチームで取り組んだことで予想以上の結果を収めることができたと考えています。現在、中国の企業から引き合いがきており、今後は海外への展開を予定しています。


《ミガケンデ 詳細》
種類 : ヤギ毛、ヤギ毛と馬毛、馬毛の3種類
定価 : 1,280円(税抜)
素材 : ブラシ=天然毛(ヤギ、馬)、柄=ポリプロピレン
サイズ : 本体=縦150mm×横14mm、ヘッド部分=16mm

《会社概要》
会社名 : 有限会社多葉刷子工業所(代表=多葉 宣宏)
本社 : 〒581-0072 大阪府八尾市久宝寺4-2-38
事業内容: 歯ブラシの製造、販売
URL : https://tababrush.com

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る