• トップ
  • リリース
  • あらゆるものをQRコード化し電子データを守る「AQR」の特許取得

プレスリリース

A・Tコミュニケーションズ株式会社

あらゆるものをQRコード化し電子データを守る「AQR」の特許取得

(@Press) 2020年02月12日(水)10時30分配信 @Press

A・Tコミュニケーションズ株式会社(代表取締役:東 陽一、本社:東京都台東区)は、二次元コードに関する特許技術ならびにノウハウを応用し、開発したAQR(Anything QR)の特許出願をしておりましたが、この度特許査定が決定、2020年2月3日に認証されましたのでご報告いたします。


■AQR(Anything QR)とは
AQRとは、物品、書類、人など、あらゆるアナログ媒体をデータ化し、割符のようにQRコード(オフライン)とサーバー(オンライン)に分割化し、保管する技術です。分割されたそれぞれのデータは、無意味なデータ(不完全な答えのないデータ)であり、外部からのサイバー攻撃や内部の悪意のある者から、完全なデータの流出を防ぐことができます。特に(1)マイナンバーカード、(2)スマートフォンなど個人情報を扱う利用シーンにおいて、完全なデータをオンライン上に保管しないAQRシステムは有効なセキュリティシステムとなります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/205379/LL_img_205379_1.jpg
AQRデータ化イメージ

AQRについての解説動画を用意しておりますので、こちらもご覧ください。
(動画サイト) http://lqm.jp/?p=LEJQb2zHaQhwzyd0

※AQRシステムは佐鳥電機株式会社との共同開発技術です


■AQRの利用パターン例:文書の原本保証
文書データをAQRコード化することで、文書の原本保証にご利用いただくことができます。AQRコード化した時点での文書データは、無意味なデータとして改ざんが不可能な状態となり、安心安全に保管されます。文書の原本が改ざんされた疑いがある場合は、その文書のAQRコードを専用のスマートフォンアプリで読み取りすることで、その文書が改ざんされたか否かを判別することができます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/205379/LL_img_205379_2.png
AQR利用パターン:文書の原本保証

■AQRのご提供形式
AQRのご提供にあたりましては、(1)SDK形式(主にシステム開発会社様向け)(2)AQRを活用したシステムパッケージ形式の2つの方式でのご提供を予定しております。
またシステムパッケージを共同開発いただけるパートナー企業も募集いたします。気軽にお問い合わせください。


■会社概要
名称 : A・Tコミュニケーションズ株式会社
本社所在地 : 東京都台東区北上野1丁目9番10号
代表者 : 代表取締役 東 陽一
ホームページ: https://logoq.net/logoq/index.php

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る