• トップ
  • リリース
  • M&Aアドバイザーアワード 最優秀賞 アドバイザー部門受賞について

プレスリリース

株式会社エスネットワークス

M&Aアドバイザーアワード 最優秀賞 アドバイザー部門受賞について

(@Press) 2020年02月25日(火)13時15分配信 @Press

株式会社エスネットワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:須原 伸太郎、以下 当社)は、ビジョナル・インキュベーション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:永田 信)が運営する事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」が開催した「M&Aアドバイザーアワード」において、「最優秀賞 アドバイザー部門」を受賞いたしましたので、お知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/205306/LL_img_205306_1.jpg
受賞者集合写真

同アワードは、「ビズリーチ・サクシード」を利用するM&Aアドバイザー340社(2019年11月時点)のなかから、2019年に事業承継M&Aの実現に向けたすばらしいサポートを行った企業を選出し、表彰するイベントであり、今回が初めての開催でした。当社は2019年、同サービス上で複数のM&A案件の成約を実現いたしました。複数の成約事例の中でも特に、在フィリピン共和国企業と日本企業とのクロスボーダーM&A案件、同サービス上で2019年においてディールサイズが最大であった案件、そして、同サービスを特徴づける仕組みである、事業を譲りたい経営者のための「承継公募」案件の第1号案件といったエポックメーキングな案件成約などが、この度の最優秀賞受賞の理由となりました。

当社は創業以来、地域経済に根差した中堅中小企業の持続的成長を、会計・財務領域における実務実行支援型コンサルティングサービスを軸としたCFO機能の提供により強力に支援し、こうした企業群の成長ドライブを通じて、地域経済の活性化に寄与するべく企業活動を推進してまいりました。様々な企業ステージにある顧客企業の経営課題を解決するため、かねてからM&Aアドバイザリーサービスを提供しておりましたが、一層のサービス高度化を目的とし、2015年に専担組織であるM&Aアドバイザリー部を立上げ、売り手と買い手双方により価値あるM&Aを創出するべく、更なる事業展開を進めてまいりました。
今後も当社は、近年社会問題とされる事業承継問題の解消に向けてM&Aというソリューションを通じて積極的に貢献していくとともに、当社のコアコンピタンスである実務実行支援型コンサルティングサービスとのシナジーを一層発揮することで、M&A企業に寄り添い、そのバリューアップを強力に推進していく所存です。


株式会社エスネットワークスは、経営者の視点で企業の持続的成長を支援する財務会計コンサルティングファームであり、財務・会計のプロフェッショナル集団です。クライアントファーストで徹底的な現場重視の視点から課題解決に取組み、クライアントへの常駐支援型ハンズオンコンサルティングを一貫して行ってきたことが最大の強みであります。創業以来積み重ねてきた知見・経験・実践的なノウハウを、M&A、企業再生、IPO、PMI等、企業ライフサイクルのあらゆるニーズに提供いたします。財務会計の側面から企業を分析し、企業価値を向上するプロフェッショナル集団として、今後も邁進いたします。


【会社概要】
商号 : 株式会社エスネットワークス
代表者: 代表取締役社長 須原 伸太郎
所在地: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館15階
URL : https://esnet.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る