• トップ
  • リリース
  • なぜ、日本の中小企業には「CFO」が必要なのか? 「会社の番頭」の選び方・育て方[第1回]

プレスリリース

100年企業戦略オンライン

なぜ、日本の中小企業には「CFO」が必要なのか? 「会社の番頭」の選び方・育て方[第1回]

(@Press) 2020年01月31日(金)10時30分配信 @Press


ひと昔前、会社の役職といえば、会長、社長、部長などと、日本語で統一されていましたが、近年はすっかり横文字の役職名も定着しました。
最もわかりやすい例が、CEO(Chief Executive Officer)です。日本語に訳すと最高経営責任者で、旧来の役職名の中では代表取締役が最も近いでしょう。日本では、代表取締役と社長職(President)を兼任していることが多いため、CEOと社長がよく混同されています。そしてここ数年、新たに認知され始めているのがCFO(Chief Financial Officer)です。


従来の「財務本部長」と「CFO」は違う


続きを読む : https://100years-company.jp/articles/topics/060086


なぜ、日本の中小企業には「CFO」が必要なのか?|経営トピックス|100年企業戦略オンライン : https://100years-company.jp/articles/topics/060086



プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る