• トップ
  • リリース
  • 鹿児島市出身モデル「ねおさん」が同市広報紙に登場!〜撮影時の「ねおさん」の様子も動画で公開中!〜

プレスリリース

鹿児島市出身モデル「ねおさん」が同市広報紙に登場!〜撮影時の「ねおさん」の様子も動画で公開中!〜

(@Press) 2020年02月04日(火)10時30分配信 @Press

鹿児島市では、市政広報紙「かごしま市民のひろば」令和2年2月号の表紙と2〜4面のスポーツ関連特集のナビゲーターに、本市出身でモデル・動画クリエイターとして活躍する、ねおさんを起用しました。
ねおさんは、本市が2019年3月に公開した新しいシンボルマーク「マグマシティ」を決めるための投票イベントに参加いただいて以降、本市のイベントやメディア等に出演されており、今回は、若い世代を中心に市政への関心を高めるため、広報紙に登場いただきました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/204548/LL_img_204548_1.jpg
かごしま市民のひろば2月号表紙(上部)

■2月号の特集の趣旨
2月号の特集は、「スポーツが鹿児島を熱くする!!」をテーマに、2月から鹿児島市内でスタートするスポーツキャンプ、2月開催のかごしま国体・かごしま大会のカウントダウンイベント、3月開催の鹿児島マラソン2020を紹介し、スポーツを軸に鹿児島市を市民と共に盛り上げていこうとする内容となっています。


■鹿児島ユナイテッドFC「ゆないくー」とのコラボレーション
表紙上段及び2面は、鹿児島市をホームタウンとするJリーグチーム「鹿児島ユナイテッドFC」の公式マスコットキャラクター「ゆないくー」とのコラボレーションです。
2月からスタートするスポーツキャンプを前に、同チームの来季の活躍を鹿児島市が一体となって盛り立てていくため、ねおさんに鹿児島ユナイテッドFCのコンフィットTシャツを着用いただき、若い世代を中心にアプローチを図ろうとするものです。


■ねおさんとゆないくーの出会いの様子を動画で公開中
今回が初対面であった、ねおさんとゆないくーの出会いの様子などを、動画で撮影しYouTubeで公開しています。ほのぼのとした2人の出会いやかけ合いの様子をご覧ください。

・ねおさんの各種動画等を紹介するページ(鹿児島市ホームページ)
URL: http://www.city.kagoshima.lg.jp/kouhousenryaku/neo/neodouga.html
・YouTube動画「ねお×ゆないくーの昼下がり」
URL: https://www.youtube.com/watch?v=1DzfOkySfRc


■鹿児島マラソン2020とのコラボレーション
表紙下段及び4面は、3月1日に開催する鹿児島マラソン2020を控え、市民の皆さんの関心を高めるとともに、ランナーの皆さんを市民総出で応援していただこうとする思いのもと、ねおさんに鹿児島マラソンスタッフジャンパーを着用いただき撮影しました。

・「鹿児島マラソン2020」ホームページ
URL: https://www.kagoshima-marathon.jp/


■かごしま国体・かごしま大会とのコラボレーション
3面では、10月に開催を控える「燃ゆる感動 かごしま国体・かごしま大会」のカウントダウンイベント「燃ゆる青春 筋肉国体・大会フェス2020」を紹介しています。
同イベントは、「お肉」と「筋肉」をテーマにしたイベントとなっており、ねおさんは、同イベントのゲストとしても参加いただくこととなっています。

・「燃ゆる感動 かごしま国体・かごしま大会」ホームページ
URL: https://kagoshimacity-kokutai.jp/


■ねおさんプロフィール
モデル/動画クリエイター。鹿児島市出身の高校3年生。
Popteen専属モデルとして活躍中。モデル活動の他、テレビ番組やドラマ、CMなど活動の幅を広げ、特に10代の間で圧倒的な人気を獲得している。
SNS総フォロワー数は420万人を超える。(2019年12月現在)


■鹿児島市政広報紙「かごしま市民のひろば」
鹿児島市の基幹媒体として、毎月1回発行し、1日から6日の間に市内の全世帯に配布。現在、毎月約288,000部発行。鹿児島市ホームページからもご覧いただけます。
・URL: http://kagoshima-hiroba.jp/category/shimin/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る