• トップ
  • リリース
  • オートメーション・エニウェアのRPAがコニカミノルタの業務自動化で約24,000時間削減を実現

プレスリリース

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

オートメーション・エニウェアのRPAがコニカミノルタの業務自動化で約24,000時間削減を実現

(@Press) 2020年02月06日(木)11時00分配信 @Press

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社は、弊社のRPAソフトウェア「Automation Anywhere Enterprise」が、コニカミノルタ株式会社において、製品開発・製造など製品ライフサイクル関連部門やコーポレート部門などで約24,000時間を削減し、時間外労働の削減、企画・戦略にかけるリソースの拡充、設計・製品品質の向上などにつながる成果を上げていることをお知らせします。

コニカミノルタによるRPAの選定では、2017年4月から3カ月間の複数製品の試用を経て、業務改革を支援するITツールに適するものとして「Automation Anywhere Enterprise」が採用されました。その理由として、グローバルに利用できる点、導入先の業務部門が自律的にソフトウェアロボット(Bot)を開発できて使い勝手がいい点、サーバー型で管理機能が充実している点などが評価されました。同社によれば、「中期経営計画で示された課題提起型デジタルカンパニーへ生まれ変わるために、業務を改革する意識がそれぞれの部署の現場に芽生えることに期待した」とのことです。

2018年4月から始まったコニカミノルタにおける「Automation Anywhere Enterprise」の本格稼働では、現在までに海外を含む19ビジネス部門で約200個の Botが稼働しており、以下のような業務を含めた製品ライフサイクル全体で年間約24,000時間の削減効果をもたらしています。
・企画: 市場情報に関するレポート作成や商品化計画の配信
・設計: CAD属性項目追加
・試作: 品質評価レポート作成 調達購買:発注システムへの転記や請求書突合
・生産: 標準原価設定や設計変更データ転記
・流通: 在庫管理や販売予測変更連絡
・販売: 受注登録や販売実績集約
・保守: 問い合わせ状況棚卸し・保守更新見積送付
・その他、総務、経理、IT、人事・労務管理など

今後は、コニカミノルタが一部で始めているヨーロッパ、アジアパシフィック、中国などの拠点でのRPA導入にも弊社のサービスを広げ、グローバルでのサポートを進めています。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/204394/img_204394_1.png
コニカミノルタの社内勉強会の様子

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/204394/img_204394_2.png
連携体制図


オートメーション・エニウェアについて
オートメーション・エニウェアは、ソフトウェアロボット(Bot)を使用した業務プロセス自動化(RPA)分野における世界最大級のソフトウェアプロバイダーで、お客様やパートナー企業が業務プロセス全体をこれらのBotで自動化する支援をしています。当社はこれらのBotをデジタルワーカーと呼び、反復的な業務を担うことで生産性を大幅に向上させ、従業員がお客様に十分対応できる環境を整備しています。当社が提供する高度な自動化プラットフォームはWebベース、クラウドネイティブで、RPAとAI、機械学習と分析などの機能を組み合わせて構築しています。これを利用することで自動化を短時間の準備でスタートさせて、広い組織に展開できます。
1,200社のパートナーネットワークとともに40カ国で販売し、世界のさまざまな業界で大手企業を支援しています。詳細は以下サイトをご覧ください。
https://www.automationanywhere.com/jp
https://www.facebook.com/AutomationAnywhJP/
https://twitter.com/AutomationAnwJP

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る