• トップ
  • リリース
  • 国際シンポジウム「戦後東アジア秩序と戦争責任・植民地支配責任」2/16明治学院大学白金キャンパスにて開催 ※無料・予約不要

プレスリリース

国際シンポジウム「戦後東アジア秩序と戦争責任・植民地支配責任」2/16明治学院大学白金キャンパスにて開催 ※無料・予約不要

(@Press) 2020年01月31日(金)11時00分配信 @Press

第二次世界大戦後の戦犯裁判について、朝鮮人BC級戦犯研究の第一人者である内海愛子氏(大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター所長)に基調講演をしていただいた後、米国、朝鮮、中国における戦犯裁判に関する研究発表と討論を行います。
韓国より研究者を招いて、活発な討論を繰り広げます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203968/LL_img_203968_1.jpg
国際シンポジウム 戦後東アジア秩序と戦争責任・植民地支配責任

【国際シンポジウム「戦後東アジア秩序と戦争責任・植民地支配責任」】
■日時 :2020年2月16日(日)13:00〜18:00(開場:12:30)
■場所 :明治学院大学 白金キャンパス 本館10階大会議場
※公共交通機関をご利用ください。
■使用言語 :日本語、韓国語(通訳あり)
■基調講演 :内海愛子(大阪経済法科大学)
戦争裁判:裁かれた者の「記憶」と「記録」
■報告 :郭貴炳(ソウル大学)
第二次世界大戦期における米国の戦犯政策形成とOSS
孔ラ桓(ソウル大学)
解放後韓国における戦争犯罪者逮捕と処罰問題
石田隆至(大連理工大学、国際平和研究所研究員)
東京裁判や他のBC級戦犯裁判との比較の視点から
見た新中国戦犯裁判:<厳罰>ではなく<認識の変化や反省>
を求めるアプローチの意義をめぐって
■ディスカッサント:康誠賢(聖公会大学校)
阿部浩己(明治学院大学、国際平和研究所所員)
■総合討論 :張宏波(明治学院大学、国際平和研究所所員)
李娜榮(韓国・中央大学校)
金得中(韓国・国史編纂委員会)
金昌禄(韓国・慶北大学校)
■共催 :明治学院大学国際平和研究所、聖公会大学校東アジア研究所HK+事業団
■問合せ先 :明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
Tel : 03-5421-5652
Fax : 03-5421-5653
URL : http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/
E-mail: prime@prime.meijigakuin.ac.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る