• トップ
  • リリース
  • 臨床検査の品質および効率向上に向けた共同研究 日立ハイテクノロジーズと連携協定を締結

プレスリリース

学校法人藤田学園

臨床検査の品質および効率向上に向けた共同研究 日立ハイテクノロジーズと連携協定を締結

(@Press) 2020年01月22日(水)13時00分配信 @Press

学校法人藤田学園(理事長:星長 清隆、所在地:愛知県/以下、藤田学園)は、株式会社 日立ハイテクノロジーズ(執行役社長:宮崎 正啓/以下、日立ハイテク)と臨床検査の品質向上および効率化に向けた共同研究に関わる連携協定(以下、本協定)を締結しました。本協定に基づき、藤田学園内に新たな研究拠点を設置し、より安心・安全な医療の提供とともに、医療従事者における「働き方改革」など医療現場の課題解決につながる研究を連携して進めていきます。

医療の高度化やゲノム医療の普及に伴い、臨床検査の技師にはこれまで以上に安全かつ精度の高いスキルが求められています。一方で、検査項目の増加や複雑化する分析業務などによる負担増や長時間労働などは大きな課題となっています。
それらを解消するため、政府は2014年、国家プロジェクトとして「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」を内閣府主管で創設。同プログラムの一つとして2018年にAI、IoTなどのデジタル技術を用いた「AIホスピタルによる高度診断・治療システム研究事業」を策定しました。
本協定により検体ロボットなどの「AIホスピタルシステム」の開発・構築・社会実装を進め、これまで以上の先進的な医療サービスを提供するとともに、業務自動化による医療従事者の負担軽減を図ります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203526/LL_img_203526_1.png
臨床検査の自動化イメージ

藤田学園は、藤田医科大学と、第1教育病院(藤田医科大学病院)のほか3つの病院を有し、特定機能病院としてハイレベルな医療を提供するとともに、ロボット手術や再生医療などの先端医療およびデジタル技術を活用した機器開発に取り組んできました。2017年にはAIを用いた調剤ロボット(8台)を導入。80%の調剤が自動化されたことで、薬剤師の負担軽減や患者さんの待ち時間短縮につながりました。
また、日立ハイテクは、長年の経験に培われた検査分析に関する技術と、世界でもトップシェアを誇る高い品質水準の医用機器の提供により、体外診断分野において広く人々の健康を支えてきました。

両者の強みを生かした研究を推進し、医療分野における最先端のニーズに対応するソリューションを提供することで、健康で豊かな生活を送り続けることができる未来を目指します。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/203526/LL_img_203526_2.jpg
FUJITAのAIホスピタル構想

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る