• トップ
  • リリース
  • “日本一の記憶王”が『記憶力の世界大会』で4位に入賞!メモリースポーツ10種目において日本記録を保持!

プレスリリース

記憶力スクール「記憶の学校」

“日本一の記憶王”が『記憶力の世界大会』で4位に入賞!メモリースポーツ10種目において日本記録を保持!

(@Press) 2020年01月22日(水)11時00分配信 @Press

記憶力スクールを展開する「記憶の学校」(東京都千代田区)の講師である大野元郎が、2019年12月16日、中国・廈門市で行われた「GAMA 記憶力世界選手権」に出場し、日本人1位の成績を記録し、アダルト3位・総合4位に入賞しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203476/LL_img_203476_1.jpg
大野元郎

大野元郎は、IAMとGAMAの2団体で日本人1位にランキングされており、「日本一の記憶王」として多くのメディアでも紹介されるほど注目を集めているプロの記憶力アスリートです。
今回の世界大会では、「1時間でランダムの数字を記憶」の競技において1,624桁の数字を完全記憶するなど、4種目において日本記録を更新し、18種目あるメモリースポーツのうち10種目で日本記録を保持しています。


■一番弟子とアベック入賞!
「独自の記憶法」がひと並外れた記憶量の秘訣
日本一の記憶王・大野は、これまで数々の大会で並みいる強豪に勝ち続けIAMとGAMAの2団体で日本人1位にランキングされています。

さらに、大野だけではなく、弟子である中原好もIAMとWMSCの2団体で日本人女性1位にランキングされており、今大会では日本人女性1位を記録。一番弟子とアベック入賞を果たしました。

今でこそ記憶王として活躍しているが、記憶力を身につけたきっかけは、運転免許の筆記試験に2度不合格し、自身の暗記力のなさにショックを受けたことから始まったとのこと。
元々の才能ではなく、後天的に身に付けた独自の記憶法は弟子にも受け継がれ、記憶力の世界大会でアベック入賞を果たしました。

大野は、「記憶力は元々の能力に関係なく、練習すれば伸びる技術です。正しい記憶の方法を知り、日々のトレーニングで記憶力を上げることは可能です」と言います。

記憶王は今大会で、18種目あるメモリースポーツのうち10種目で日本記録を樹立。その独自の記憶技術を、記憶力スクール「記憶の学校」で指導しています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/203476/LL_img_203476_2.jpg
大野元郎&中原好


<開催内容>
大会名:GAMA 記憶力世界選手権(World Memory Tour(Final) 2019)
日時 :2019年12月16日〜12月18日
場所 :中国・廈門市


<大野元郎の今大会での記録>
・【数字記憶】 1,624桁の数字を1時間以内で完全記憶
・【スピード数字記憶】 312桁の数字を5分以内で完全記憶
・【年表記憶】 80個の架空の年表を5分以内で完全記憶
・【バイナリー記憶】 2,760桁の「0と1の数字の並び」を30分以内で完全記憶
・【総合ポイント】記憶力競技において、4,633ポイント獲得
など。


【記憶の学校 公式サイト】
https://kioku-gakko.jp/


■会社概要
会社名: ACラーニング株式会社
所在地: 東京都千代田区神田須田町1-12-9 富士第一ビル4階
連絡先: 03-6260-9625
URL : https://ac-learning.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る