• トップ
  • リリース
  • ジャパンシステム、堺市における顔認証の導入事例を公開 〜常時監視機能とログ活用により、共有端末の厳格な操作者特定と証跡管理を実施〜

プレスリリース

ジャパンシステム株式会社

ジャパンシステム、堺市における顔認証の導入事例を公開 〜常時監視機能とログ活用により、共有端末の厳格な操作者特定と証跡管理を実施〜

(@Press) 2020年01月21日(火)11時00分配信 @Press

ソリューションおよびサービスを提供するジャパンシステム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川田 朋博、JASDAQ上場:証券コード9758、以下 ジャパンシステム)は、大阪府堺市(市長:永藤 英機、以下 堺市)の、自治体情報システム強靭性向上モデル導入の取り組みにおいて、多要素認証ソリューション「ARCACLAVIS Ways(アルカクラヴィス ウェイズ)」の顔認証が採用された導入事例を公開しました。
堺市では2017年4月より、個人番号利用事務系の端末1,700台に顔認証による常時監視を導入し、4,000ユーザでの利用を継続されています。


■堺市における「ARCACLAVIS Ways」の貢献;
1) 窓口端末を複数の職員が入れ替わり使用しており、操作者が代わる際は、各自のID・パスワードを使用してアクセスすることになっていたが、業務が慌ただしい窓口ではルール通りの運用がなされているか、システム的に確認する方法がなかった。ARCACLAVIS Waysの顔認証による常時監視を導入することで、共有端末でもその時に誰が操作していたのかを明確に

2) ARCACLAVIS Waysのログによって、誰がいつログオフ、ログオンしたのかを把握でき、認証時の顔画像も取得できるので、より踏み込んだログ管理が可能に。不要なアカウントの削除や、端末の使用頻度に基づく端末配置の最適化を実施

3) 顔認証の導入により、端末使用時に必ず認証画面が表示されるので、職員のセキュリティ意識の向上と、情報漏えいに対する抑止効果が高まった


■ジャパンシステム株式会社について
ジャパンシステムは、2019年6月に創業50周年を迎えました。豊富な経験と実績を踏まえ、セキュリティ事業、エンタープライズ向け事業、公共向け事業の3つの事業を柱としております。「お客様の新たなる価値を創造し提供し続ける」企業を目指すと共に、「Driving for NEXT NEW with Comfort and Convenience」を企業コンセプトとし、新たな領域にビジネスを展開していきます。

社名 : ジャパンシステム株式会社
本社 : 〒151-8404 東京都渋谷区代々木1-22-1 代々木1丁目ビル
設立 : 1969年6月
資本金 : 13億259万円
代表者 : 代表取締役社長 川田 朋博
JASDAQ上場: 証券コード9758
URL : https://www.japan-systems.co.jp/


<商標に関する注記>
本資料に記載の会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る