• トップ
  • リリース
  • 株式会社クロアの経営体制強化に向けて、佐竹 康峰氏が顧問に就任

プレスリリース

株式会社クロアの経営体制強化に向けて、佐竹 康峰氏が顧問に就任

(@Press) 2019年12月17日(火)10時30分配信 @Press

ヘルスケアサウンドのメジャーカンパニーを目指す株式会社クロア(本社:東京都目黒区、代表取締役:戸部田 馬準)は、顧問として佐竹 康峰氏の就任を決定いたしましたので、お知らせいたします。


【経営体制強化の目的】
昨年、株式会社クロアは世界最大の携帯電話事業者であるチャイナ・モバイル並びに、世界有数の巨大企業として成長を続けるテンセントと中国市場における音楽配信の直接契約を締結。更にインド最大の配信会社Hungamaとも直接契約を行いました。
アジア圏を拠点にヘルスケアサウンドのメジャーカンパニーとして更なる成長を成し遂げる為、以下の項目を大きなテーマとして掲げます。

・国際事業とIoT 事業の強化
・ヒーリング事業の拡大を見据えた上での海外流通販路の拡大
・オリジナルプラットフォームの確立
・IPOへ向けた内部統制強化

本意思決定は、上記テーマを背景としつつ、佐竹 康峰氏招聘を始めとする経営体制強化を通じて、経営や事業推進に関する知見、および人的ネットワークを駆使し、事業推進並びに拡大へ貢献いただくことを意図しております。
この経営体制強化を起点とし、アジア領域におけるヘルスケアサウンドのデジタル配信音楽シェアNo.1の獲得、及びヒーリングとメンタルヘルスに特化した世界的なメジャーカンパニーを目指し邁進して参ります。


【新経営陣 略歴】
佐竹 康峰氏
1953年 名古屋市生まれ
1976年 名古屋大学(経済学部)卒業
1976年 三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に入行後、本部各部で幅広い分野を経験した。
1997年 東京銀行との合併を終えシンガポール支店から帰国後は、“日本版金融ビッグバン”により銀行の業務範囲が運用/証券/信託へと拡がる中で、新ビジネス立ち上げや事業統合など金融ビジネス環境の整備・革新に従事した。
2008年 東京スター銀行に移り取締役会長を務めた後、2015年 SBIホールディングス、住信SBIネット銀行の社外役員に就き、Fintech時代の金融機関経営に関与した。現在は、公益財団法人日本オペラ振興会(理事長)、公益社団法人日本将棋連盟(理事)でライフワークとして文化芸術のボランティア活動に専念している。


【株式会社クロアについて】
株式会社クロアは2009年6月29日に設立されたヘルスケアサウンドに特化した創業10年目のレコード会社です。日本レコード協会、日本音楽療法学会、日本音楽医療研究会、日本音楽制作者連盟、新経済連盟に加盟しています。
日本国内のデジタル音楽配信では、既にヒーリング音楽分野においてトップクラスのシェアを占め、最近のトピックスとしては、中国最大手の音楽配信サービス「テンセント・ミュージック・エンターテイメント(TME、騰訊音楽娯楽集団)」やチャイナ・モバイル、インド最大の配信会社Hungamaとも直接契約を成立させ、世界マーケットに向けた東洋のヒーリング音楽ブランドを確立中です。


【会社概要】
社名 : 株式会社クロア
所在地 : 東京都目黒区下目黒3-7-2-7F
設立 : 2009年6月29日
代表者 : 代表取締役社長 戸部田 馬準
外部リンク: https://croix.asia

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る