• トップ
  • リリース
  • 2020年ヒット・トレンド予測+2019年ヒット・トレンド結果を近日発表!令和平成・消費者経済総研が消費と経済を予測

プレスリリース

令和平成・消費者経済総研

2020年ヒット・トレンド予測+2019年ヒット・トレンド結果を近日発表!令和平成・消費者経済総研が消費と経済を予測

(@Press) 2019年12月11日(水)09時30分配信 @Press

令和・平成の消費と経済を、わかりやすく解説する「令和平成・消費者経済総研」(略称・通称は、消費者経済総研、東京都新宿区、代表:松田 幸治)は、「2020年ヒット・トレンド予測+2019年ヒット・トレンド結果」を、近日、発表致します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200811/LL_img_200811_1.png
令和二年は、○○○になる!

【令和2年は、○○○になる!】【令和元年は、○○○な年だった!】
〜 〇〇〇に、文字を入れて、発表予定 〜

・2020年ヒット・トレンド予測
・2019年ヒット・トレンド結果

令和平成・消費者経済総研が、「商品・サービス・現象・ブーム」の
「ヒット・トレンド」に着目し、2020年の消費と経済を、予測します。

その答えとは?

また、2019年を、ランキング形式で、振り返ります。


■ヒット・トレンドの対象は?
令和平成・消費者経済総研における「ヒット・トレンド」は、
「単体の商品」ではありません。
「ジャンルや現象」にも、注目しています。

例えば、「〇〇製菓の、◇◇チョコレートが、好調」というような
個別の製品では、ありません。
「商品・サービスの分野」を通じて「現象・ブーム・トレンド」に着目しています。

こうすることで、
「世の中が、どう、変わったのか?」 「今後の世の中は、どうなるのか?」
「伸びる消費ジャンルは、どこか?」 「私たちの暮らしは、どうなるのか?」

これらのヒントにつなげていきます。また今後の商品開発等につなげたく思います。

また、経済指標のGDPの約6割を占めるのが「消費」です。
「消費は、どうなるのか?」との経済面にも、つなげていきたい、と考えています。

本件の事前の個別の取材・出演・執筆を、ご要望の際は、個別対応いたします。


■取材・出演の依頼
番組での解説・出演・コメント、執筆・寄稿、講演・セミナー、取材等のご依頼は、
お電話・メールにて、お願いします。


■【詳細の内容は?】
令和平成・消費者経済総研の公式サイト内に、本件の特設ページを掲出中です。
詳細は、そちらをご覧下さい。

*2020年予測 ( http://retail-e.com/syouhisya-keizai-2020-yosoku.html )
*2019年結果 ( http://retail-e.com/syouhisya-keizai-2019-hit-kekka.html )
*「消費者経済総研」で検索→「ヒット・トレンド」

※当総研が提供する情報は、正確性・完全性・有効性・真実性・最新性等、何らの保証もなく、利用・活用は、利活用者の自らの判断・責任であり、損害が生じても当方は一切の責任を負いません。


■【プロフィール】
松田 優幸(令和平成・消費者経済総研 チーフ・コンサルタント)
*1986年 私立武蔵高校 卒業
*1987年 慶應義塾大学 経済学部 入学
経済学部で、
・マクロ経済学(GDP・失業率・インフレーション・投資・貿易収支等)
・ミクロ経済学(家計・消費者、企業・生産者、取引市場等)・労働経済学を専攻
経済学科「高山研究室」にて、貿易経済学・環境経済学を研究
*1991年 慶應義塾大学 卒業 東急不動産株式会社 入社
*1997年 親会社の東急電鉄株式会社へ逆出向
消費の現場である商業施設と街づくりの計画担当
*2000年 東急不動産 復職
各種の商業施設の企画開発・運営、接客等で消費の現場の最前線に立つ。
*2005年 東急不動産から、消費・商業・経済のコンサルティングをおこなう
株式会社リテールエステートへ移籍
14年間、全国の消費の現場を視察・調査。その数は多岐にわたる。
*現在 令和平成・消費者経済総研 チーフ・コンサルタント
兼 リテール エステート リテール事業部長 (52歳)
<資格> ファイナンシャル・プランナー他

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る