• トップ
  • リリース
  • eラーニング「反社会的勢力との取引管理 入門講座」リリース 「反社会的勢力の排除」に向けた基礎知識を学習

プレスリリース

リスクモンスター株式会社

eラーニング「反社会的勢力との取引管理 入門講座」リリース 「反社会的勢力の排除」に向けた基礎知識を学習

(@Press) 2019年12月18日(水)13時30分配信 @Press

法人向けクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本 太一、以下 リスモン)は、2019年12月23日(月)より、eラーニング「反社会的勢力との取引管理 入門講座」の提供を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200292/LL_img_200292_1.png
反社会的勢力との取引管理 入門編 画面イメージ1

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/200292/LL_img_200292_2.png
反社会的勢力との取引管理 入門編 画面イメージ2

反社会的勢力との取引管理 入門講座: https://www.cybaxuniv.jp/course/cb0647/

平成19年6月19日、「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」が発表されました。この政府指針では、反社会的勢力との関係遮断は企業防衛の観点からも必要不可欠の要請であるとされています。
その後、コンプライアンス意識の高まりもあって、反社会的勢力への対応を強化する流れが加速しています。

「反社会的勢力との取引管理 入門講座」は、反社会勢力と取引するリスクの重大さを理解しつつ、反社会的勢力との関係遮断に向けた具体的な方法を学ぶことができるコースです。
反社会的勢力として対応すべき対象先を明確にし、以下4つの要素を押さえながら取引管理の方法を学ぶことができます。

・反社会的勢力の「定義」、「対象先」
・反社会的勢力と「取引するリスク」
・反社会的勢力に対する「社会、業界の動向」、「暴力団排除条例」
・反社会的勢力との「関係遮断方法」、「反社チェック」

本サービスは、リスモンの連結子会社であるサイバックス株式会社(以下 サイバックス、本社:東京都中央区)が制作したeラーニングであり、リスモンの研修サービス「サイバックスUniv.」にて提供いたします。


■コース紹介
【コース名】
反社会的勢力との取引管理 入門講座

【ねらい】
近年、反社会的勢力に関する事件や不祥事によって、反社会的勢力の排除に向けた動きが活発化しています。企業においては、コンプライアンスの観点から反社会的勢力の排除に向けた対応強化が欠かせません。本コースでは、社会人に必要不可欠となる反社会的勢力に関する知識を学びます。

【目次】
反社会的勢力とは/反社会的勢力と取引するリスク/反社会的勢力に関する社会の動き/反社会的勢力に対する各業界の動向/反社との関係遮断の実践方法/修了試験

【標準学習時間】
0.5時間

【詳細ページ】
https://www.cybaxuniv.jp/course/cb0647/


■「サイバックスUniv.」とは
月額45,000円(税抜)〜、研修ポータル・eラーニング・公開研修を低価格でご利用いただける会費制の研修サービスです。
会員企業の利用者は、約300コースの豊富なラインアップから、自身にあったプログラムを随時受講できます。階層別研修だけでなく、営業・人事など職種別即戦力プログラムも充実しています。
ホームページ: https://www.cybaxuniv.jp/


■リスモンの概要(東京証券取引所第二部上場 証券コード:3768)
2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPサービス事業を開始しました。以来、法人会員向けビジネスを要にサービス分野を拡大し、各事業部門・子会社(与信管理サービス、ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)およびBPOサービス)ごとに取り扱うサービスについて包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
リスモングループ法人会員数は、2019年9月末時点で12,509(内、与信管理サービス等6,377、ビジネスポータルサイト等3,216、その他2,916)となっております。
ホームページ: https://www.riskmonster.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る