• トップ
  • リリース
  • Unearth International Limited、日和産業株式会社に対し要望書を提出

プレスリリース

Unearth International Limited

Unearth International Limited、日和産業株式会社に対し要望書を提出

(@Press) 2019年12月06日(金)15時00分配信 @Press

Unearth International Limited(代表:Managing Director:内藤 昌弘、以下「UIL」)は、日和産業株式会社(本社:兵庫県神戸市、取締役社長:中澤 敬史、以下「日和産業社」)に対して、2019年11月18日付けで要望書を送付いたしました。

1. 提案内容
UILは、2019年11月18日付けで以下のとおり日和産業社の経営状況分析と、分析に基づく企業価値向上に向けた要望書を提出しております。

<概要>
(1) 経営状況分析
・低水準なPBRが常態化
・主な要因は極めて非効率的な資産配分
・余剰現預金残高の拡大傾向が続く
・競合他社と比べ保守的な経営姿勢が続く
・現経営陣による振るわない経営成績

(2) 要望内容
・使用使途の無い資産は株主に還元すべき
・特別配当及び配当政策の基本方針の変更を実施


2. 要望理由
UILは日和産業社の財務分析等を行い、低水準なPBRと低ROEが常態化していること、総資産に占める現預金比率が高く有効活用されていないこと、および現経営陣が現状に満足し株主価値創造に失敗していると判断せざるをえないことから、この度の要望に至りました。

(1) 低PBRの常態化
・過去8年間の平均PBRは0.26倍と極端に低水準
・時価総額が上がらない一方、純資産は積み上がっている
・同業他社と比較してもPBRが劣後していることは明らか
・業種の特性上ではなく、個別に原因があることが推察される

(2) 低ROEの常態化
・平均ROEは1.64%と低く、資本コスト意識が欠落している
・長年、経営陣が株主資本を有効活用できていないことは明白

(3) 総資産に占める現預金比率
・総資産の約30%強が現預金として放置され、活用されていない
・現預金が有効活用できておらず、低ROEを生み出す要因の一つとなっている
・過大な内部留保は一時的なものでないことは明らか
・慢性的な過剰現預金が株価の低評価に繋がっている

(4) 経営陣の実績データ
・現経営陣は就任以降、株主価値創造に失敗している
・現状に満足し、株価向上に向けた具体的な策をとらない

(5) 内部留保の有効活用
・現状に鑑みると、現預金の有効活用は必須である
・使用使途が明確にないことを踏まえると、株主還元の強化が得策


3. 株主還元策の強化を要望
以上の理由からUILは日和産業社に対して、以下のとおり株主還元策の強化を要望しております。

(1) 3年間の特別配当を実施
日和産業社は、株主に対して現在設定している一株当たりの年間配当額5円を、3年間の特別配当として10円に設定するよう要望

(2) 配当政策の基本方針の変更
日和産業社の過去5年の平均配当性向25.1%を、業績に応じた利益還元として配当性向35%程度を目安に配当を実施する配当政策の基本方針を変更するよう要望

以上の要望は、日和産業社とって容易に実行できるものであり、資本利益率の向上に大いに貢献するものであります。かかる当社の要望を実行されることにより日和産業社の株主重視の姿勢を市場に強くアピールすることができるものと考えます。


<免責事項>
Unearth International Limited(以下「UIL」といいます。)は、本資料に掲載している情報の正確性について万全を期しておりますが、その内容について保証するものではありません。

著者あるいは発行者は、本資料においては法務、会計、税務あるいはその他の専門的なアドバイスあるいはサービスを提供しているものではないという認識で、情報を提供しています。そのため、本資料に掲載されている情報を、専門的な会計、税務、法務、その他の権限あるアドバイスの代用として用いるべきではありません。

本資料では、信頼できる情報源から得た情報を、確実に掲載するようあらゆる努力をしておりますが、UILは、間違い、情報の欠落、あるいは、掲載されている情報の使用に起因して生じる結果に対して一切の責任を負わないものとします。

本資料に掲載されている全ての情報は、その時点の情報が掲載されており、完全性、正確性、時間の経過、あるいは、情報の使用に起因して生じる結果について一切の責任を負わないものとします。また、あらゆる種類の保証、それが明示されているか示唆されているかにかかわらず、また業務遂行、商品性、あるいは特定の目的への適合性への保証、また、これらに限定されない保証も含め、いかなることも保証するものではありません。

いかなる場合にも、UIL、その関連するパートナーシップ、法人、パートナー、代理人、ならびに従業員は、本資料に掲載されている情報によって決定を下したり、あるいは行為を起こしたことにより、結果的に損害を受け、特別なあるいは同類の損害を蒙ったとしても、またその損害の可能性について言及していたとしても、一切の責任を負いません。

本資料で掲載されている外部サイトへのリンクは、第三者が運営しているもので、私どもは管理しておりません。UILが、その正確性や第三者のサイトに掲載されている情報について内容の正確性を保証ないし推奨するものではありません。


■会社概要
商号 : Unearth International Limited
代表者 : Managing Director 内藤 昌弘
所在地 : Unit 117,Orion Mall,Palm Street,P.O.Box 828
Victoria, Mahe, Seychelles
事業内容: 1. M&Aに関する仲介、斡旋及びアドバイザー業務
2. 経営コンサルティング業務
3. 有価証券の保有、運用及び投資
4. 前各号に附帯する一切の業務
URL : https://unearth-int.com/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る