• トップ
  • リリース
  • サーバーワークス、Amazon Connect上で最適なヘッドセットの選定コンサルティングと導入支援サービスを提供開始

プレスリリース

株式会社サーバーワークス

サーバーワークス、Amazon Connect上で最適なヘッドセットの選定コンサルティングと導入支援サービスを提供開始

(@Press) 2019年11月22日(金)11時30分配信 @Press

アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)パートナーネットワーク(以下:APN ※)プレミアコンサルティングパートナーである株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大石 良、以下:サーバーワークス)は、多くのビジネス用ヘッドセットに付随するコールコントロール機能で、Amazon Connectのコールコントロールパネル(以下:CCP)上の操作を可能にするための導入支援の提供を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198400/LL_img_198400_1.jpg
Amazon Connect上で最適なヘッドセットの選定コンサルティングと導入支援サービスを提供開始

サーバーワークスは、AWSが提供するクラウド型コンタクトセンターサービスのAmazon Connect導入支援を積極的に行っております。

Amazon Connectをよりご活用いただくためには、環境に合わせたビジネス用ヘッドセットを選定することが重要です。また、Amazon Connectのようなソフトフォンでは、ヘッドセットのコールコントロール機能で電話に応答し、スピーディーにお客様対応を行うことができます。

Amazon Connect環境におけるビジネス用ヘッドセットの導入支援は、現時点において当社のみのサービスとなります。具体的にはビジネス用ヘッドセットのコールコントロール機能をAmazon ConnectのCCP上で操作できるよう設定いたします。今まではご提案に応じて個別にインテグレーションをする必要があった範囲も、サーバーワークスのAmazon Connectに関する深い知見を持ったメンバーがサポートいたします。


Amazon Connectと連携可能なビジネス用ヘッドセットの取り扱いメーカーは以下3社となります。


■取扱メーカー(アルファベット順)
・Jabra
・Poly
・SENNHEISER

これにより、Amazon Connectのメリットを十分に活かしながら、オペレータが利用する環境をより快適に、お客様をお待たせする時間を短縮するコールセンターの構築をお手伝いすることができます。


■関連情報
サーバーワークスが提供するAmazon Connectコールセンターソリューションパッケージ
https://bizcall.serverworks.co.jp


■サーバーワークスについて
サーバーワークスは、「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」をビジョンに掲げ、2008年よりクラウドの導入から最適化までを支援しているAWS専業のクラウドインテグレーターです。
2019年11月現在、750社、7,100プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年11月よりAPN最上位の「プレミアコンサルティングパートナー」に継続して認定されています。
移行や運用、エンドユーザーコンピューティング、コンタクトセンターなど多岐にわたって認定を取得し、AWS事業を継続的に拡大させております。
取得認定、実績についての詳細はこちらをご覧ください:
https://aws.amazon.com/partners/find/partnerdetails/?id=001E000000NaBHzIAN

※APNは、AWSのエコシステムを支えるシステムインテグレーター(SI)、戦略的コンサルティングファーム、ソリューションプロバイダ、マネージドサービスプロバイダ、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーなどによって構成されております。


*本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。
*アマゾンウェブサービス、AWSは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
*本リリースの情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る