• トップ
  • リリース
  • 業界初!与信先のモニタリングサービスにお見舞金を自動付帯 〜モニタリング登録企業の倒産でお見舞金をお支払いします!〜

プレスリリース

リスクモンスター株式会社

業界初!与信先のモニタリングサービスにお見舞金を自動付帯 〜モニタリング登録企業の倒産でお見舞金をお支払いします!〜

(@Press) 2019年11月11日(月)15時00分配信 @Press

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本 太一、以下 リスモン)は、11月12日(火)より、取引先のモニタリングサービス「e-管理ファイル」(以下 本サービス)において、6ヵ月以上モニタリング登録を継続している企業が法的倒産となった場合、債権の有無にかかわらずお見舞金をお支払いする「お見舞金制度」を開始いたします。

本サービスは、取引先の信用動向をモニタリングし、取引先企業の信用格付「RM格付」や企業情報に変化があった場合にeメールでアラーム通知するサービスです。リスモン会員企業約6,200社が取引先の管理を強化するために利用しています。

本サービスは、債権を保証するものではなく、RM格付が信頼性の高い評価指標であることの証として、追加料金は不要でお見舞金をお支払いするものです。


■「お見舞金」概要
<対象企業>
倒産判明時点より遡って6ヵ月以上継続してe-管理ファイルにてモニタリング登録している企業全て

<対象格付とお見舞金額>
A格 500,000円
B格 300,000円
C格 100,000円
D格 50,000円
※E格、F格、G格は対象外です。

<支払事由>
※債権の有無は問いません。
(1) 登録先に破産手続の開始、民事再生手続の開始、会社更生手続の開始または特別清算の開始の申し立てがあった場合
(2) 弁護士からの受任通知が届いた場合
(3) 取引先が取引金融機関または手形交換所の取引停止処分を受けた場合

<登録制限数>
なし

<お申込み>
不要


■リスモンの概要(東京証券取引所第二部上場 証券コード:3768)
2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPサービス事業を開始しました。以来、法人会員向けビジネスを要にサービス分野を拡大し、各事業部門・子会社(与信管理サービス、ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)およびBPOサービス)ごとに取り扱うサービスについて包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
リスモングループ法人会員数は、2019年9月末時点で12,509(内、与信管理サービス等6,377、ビジネスポータルサイト等3,216、その他2,916)となっております。
ホームページ: https://www.riskmonster.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る