• トップ
  • リリース
  • サーバーワークス、「Amazon Connect」とMSYSが提供する「MSYS Omnis」を連携

プレスリリース

株式会社サーバーワークス

サーバーワークス、「Amazon Connect」とMSYSが提供する「MSYS Omnis」を連携

(@Press) 2019年11月12日(火)15時00分配信 @Press

アマゾン ウェブ サービス(以下:AWS)パートナーネットワーク(以下:APN ※)プレミアコンサルティングパートナーである株式会社サーバーワークス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大石 良、以下:サーバーワークス)は、丸紅情報システムズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:渡辺 亮一、以下:MSYS)と協業しクラウド型コンタクトセンタープラットフォーム「Amazon Connect」とMSYSが提供するGoogle Cloud Platform(TM)を利用したクラウドAIサービス「MSYS Omnis」(名称:エムシスオムニス、以下:オムニス)のシステム連携することをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198003/LL_img_198003_1.jpg
「Amazon Connect」と「MSYS Omnis」が連携

Amazon Connectは、世界中のスタッフが日々何百万件もの問い合わせに対応するアマゾンのコンタクトセンターと同じ技術が使われている、セルフサービスのクラウド型コンタクトセンターであり、あらゆるビジネスが簡単に低コストでより良いカスタマーサービスを提供できるようにします。サーバーワークスは、Amazon Connectの環境構築をはじめ、コールセンター向けの様々なソリューションを提供する、『Amazon Connect ソリューションパッケージ』の一つとしてオムニスの取り扱いを開始します。

オムニスは、Google(TM)が提供する音声認識精度の高いGoogle Cloud Speech-to-Textを利用し、MSYSが独自にコンタクトセンターでの利用シーンに合わせて開発した「チューニングレス運用の簡便性」、「導入までのスピード」、「価格優位性」を特徴とする従量課金制のクラウドAIサービスです。音声認識に加え、文章要約やAI FAQなど多くの機能を搭載しています。

本システム連携により、Amazon Connectの各機能に加えて、オペレータとお客様による通話内容のテキスト化に音声認識を利用した業務効率化や、AI FAQを利用したオペレータの補助などが実現できます。

MSYSはオムニスと外部サービスの連携により、お客様へより一層利便性の高い提案を行います。

尚、2019年11月13日(水)〜14日(木)に池袋サンシャインシティ・文化会館で開催されるリックテレコム主催の「コールセンター/CRMデモ&コンファレンス2019 in 東京」では、MSYS、サーバーワークス双方のブース内でAmazon Connectとオムニスのシステム連携について展示します。

コールセンター/CRMデモ&コンファレンス2019 in 東京
https://www.callcenter-japan.com/tokyo/
サーバーワークスブース:3C-16
MSYSブース :No.3D-1


本リリースはサーバーワークスとMSYSの共同リリースです。各社から重複して配信される場合がありますが、あらかじめご了承下さい。


■丸紅情報システムズについて
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力とグローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。


■サーバーワークスについて
サーバーワークスは、「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく」をビジョンに掲げ、2008年よりクラウドの導入から最適化までを支援しているAWS専業のクラウドインテグレーターです。
2019年11月現在、750社、7,100プロジェクトを超えるAWS導入実績を誇っており、2014年10月よりAPN最上位の「プレミアコンサルティングパートナー」に継続して認定されています。
移行や運用、エンドユーザーコンピューティング、コンタクトセンターなど多岐にわたって認定を取得し、AWS事業を継続的に拡大させております。
取得認定、実績についての詳細はこちらをご覧ください:
https://aws.amazon.com/partners/find/partnerdetails/?id=001E000000NaBHzIAN

※APNは、AWSのエコシステムを支えるシステムインテグレーター(SI)、戦略的コンサルティングファーム、ソリューションプロバイダ、マネージドサービスプロバイダ、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)、SaaSベンダー、PaaSベンダー、開発者用ツールベンダー、管理/セキュリティベンダーなどによって構成されております。


*本リリースに記載された会社名、サービス名等は該当する各社の登録商標です。
*アマゾンウェブサービス、AWSは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
*本リリースの情報は発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る