プレスリリース

エイブリック株式会社

エイブリックの技術論文、Best Paper Award受賞

(@Press) 2019年11月05日(火)10時00分配信 @Press

エイブリック株式会社(社長:石合 信正、本社:千葉県千葉市、以下:ABLIC)は、10月14日〜16日までの会期でアメリカ、カリフォルニア州サンノゼで開催された「IEEE S3S Conference」(※1)において論文発表を行い、このたび「Best Paper Award」を受賞しました。

今回発表した論文は、立命館大学との共同研究で、「150-nW(※2)FD-SOI Intermittent Startup Circuit for Micropower Energy Harvesting Sensor」と題して、ABLICのCLEAN-Boost(R)(※3)で使用されているキー・デバイスのスタート・アップ回路に関する内容で、低電圧かつ、低電力の発電源(Energy Harvester)のエネルギーを効率よく利用することが可能となる技術について論じたものです。
これまでは、利用が不可能であった、最低150nWから発電電力を蓄えることが可能で、その蓄えた電力を用いて、昇圧することで無線通信等あらゆるアプリケーションを利用可能とする、というものです。この技術を用いて水滴や細菌などから発生するごく小さな環境エネルギーを活用することで、今後全てのIoTデバイスで半永久的に電源を確保できる可能性が広がることを発表しました。

今回の受賞を受けて、カンファレンスで発表を行ったABLIC のCEOオフィス 須藤 稔は、次のようにコメントしています。
「3日間の会期中、合計100件ほどの発表が行われた中で、「不可能を可能にする技術を。」をスローガンとして掲げるABLICの世界に唯一の技術が、歴史ある国際会議の場において、もっとも優秀な論文として評価されたことを大変光栄かつ嬉しく思っています。
今回発表したABLICの技術を、技術者のみならず一般の方々にも広く知って頂き、CLEAN-Boost(R)技術の実用化が一層広まっていくことで、より便利で環境にやさしい社会を実現するよう、さらに尽力して参ります。」

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る