• トップ
  • リリース
  • 2020年4月、賃貸住宅向けサービスを「iのぞみネット」へ統合

プレスリリース

株式会社ファミリーネット・ジャパン

2020年4月、賃貸住宅向けサービスを「iのぞみネット」へ統合

(@Press) 2019年11月01日(金)11時15分配信 @Press

東京電力グループの株式会社ファミリーネット・ジャパン(本社:東京都品川区、代表取締役:伊藤 正二、以下「当社」)は、賃貸住宅向けインターネット接続サービス「iのぞみネット」「LIGHT STAR(ライトスター)」としてこれまで二軸で展開してきたサービスブランドを、2020年4月1日より「iのぞみネット」に統一することを決定しましたのでお知らせします。
ブランドならびにサービス統合を通じて経営資源を最適化させ、集合住宅向けISP※における国内トップクラス企業として更なる成長を目指します。

※集合住宅向けインターネットサービスプロバイダー
(集合住宅全戸にインターネット接続サービスを一括導入・提供する事業者)


■統合背景、目的
2016年コネクシオ株式会社からiのぞみネット事業の譲渡を受けてから現在まで、当社は、賃貸住宅向けインターネット接続サービス2ブランドを継続使用する一方で、最適なサービス提供形態のあり方の検討と準備を重ねてきました。
このたび賃貸住宅向けインターネット接続サービスの提供ブランドを「iのぞみネット」へ統一し、バックオフィス業務の効率化とスケールメリットの追求によってサービス競争力を高め、これまで以上にお客様から支持・信頼されるブランドを新たに構築していきます。


■統合日
2020年4月1日
(1)サービス提供ブランドを「iのぞみネット」へ統一
(2)従前LIGHT STARブランドでサービス提供してきたご契約物件を、iのぞみネットブランドへ切替

〜2020年3月31日 / 2020年4月1日〜
LIGHT STAR契約者様 ・サービス移行に伴うお手続きは不要です
(不動産管理会社、賃貸オーナー等)

LIGHT STAR利用者様 ・サービス移行に伴うお手続きは不要です
(契約物件ご入居者) ・名称変更に伴うサービス内容の変更はありません


■今後の展開
全国8都市に構える拠点ネットワークを活かした地域密着営業の強化や、IoTをはじめとする先進技術を採り入れた付加価値サービスの企画開発に積極的に取り組んでいきます。
当社はこれらの取り組みを通じて、ご入居者様の利便性向上はもとより、不動産管理会社・オーナー様等のビジネスパートナーとして価値貢献拡大に努めていきます。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る