• トップ
  • リリース
  • 石川電力、電気代の一部を地域に寄付 「大徳応援でんき」申込受付を開始

プレスリリース

石川電力株式会社

石川電力、電気代の一部を地域に寄付 「大徳応援でんき」申込受付を開始

(@Press) 2019年11月13日(水)10時30分配信 @Press

石川県初の新電力会社である石川電力株式会社(本社:石川県金沢市、以下「石川電力」)は、電気代の一部を金沢市の大徳地区に寄付する「大徳応援でんき」の申込受付を開始致しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/197402/LL_img_197402_1.jpg
地元応援でんきイメージ図

■電気代の循環をもっと身近な私たちの地域でも
石川電力は2016年の電力小売全面自由化の年に設立し、石川県の新電力会社として初めて電力供給を開始しました。
創業時から「電気は地元で」を合言葉に、石川県の電気代を県内循環させることを目指し、多くの方からの支持を得ることができております。
今回は県内の電気代の循環だけでなく、より身近な地域に向けた「地元応援でんき」プランを始めます。
まずは石川電力の所在地でもある大徳地区の活性化を目指した「大徳応援でんき」を大徳地区の皆さまと連携し進めて参ります。


■「大徳応援でんき」のプラン内容
プランの内容としては、大徳地区の各世帯や商店、企業等が石川電力の「大徳応援でんき」に切り替えると、電気料金が割安になり、且つ一件あたり200円/月が地区に寄付される仕組みです。
大徳地区の世帯数の約1割が切り替わった際の寄付金は月額で約14万円、年間で約170万円。
集まったお金は、町の行事や子供会、消防ポンプや施設の改修など各町会のお困り事に使われる予定です。


今後は、県内においてご要望のある地区とも「地元応援でんき」の連携を進め、各地区の回覧板や町内行事などでも認知を拡げていきます。
石川電力では、地域の「住み良いまちづくり」のお手伝いが出来るよう、地域の皆さまと共にふるさとの活性化に向けて様々な取り組みを進めて行く予定です。


■石川電力株式会社 概要
(1)商号 : 石川電力株式会社
(2)主な事業内容: 電気事業法に基づく電力小売業
(3)設立年月日 : 2016年9月
(4)本店所在地 : 〒920-0334 石川県金沢市桂町ホ16-4
(5)代表者 : 代表取締役社長 堀 敬亮
(6)URL : https://iepco.co.jp

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る