• トップ
  • リリース
  • 業界最小(※1)パッケージサイズの車載用降圧型スイッチングレギュレータ「S-19902/3 シリーズ」を発売

プレスリリース

エイブリック株式会社

業界最小(※1)パッケージサイズの車載用降圧型スイッチングレギュレータ「S-19902/3 シリーズ」を発売

(@Press) 2019年11月01日(金)14時30分配信 @Press

エイブリック株式会社(社長:石合 信正、本社:千葉県千葉市、以下:ABLIC)は本日より、車載用降圧型スイッチングレギュレータ「S-19902/3シリーズ」の販売を開始しました。
降圧型スイッチングレギュレータは、スイッチのオン/オフを繰り返してコイルに発生した電荷をコンデンサに蓄えることにより入力電圧を所望の出力電圧に降圧します。
自動車の12V鉛バッテリーの電圧をマイコンやセンサに入力できる3.3Vや5Vへ降圧するために、LDOレギュレータではなく、降圧型スイッチングレギュレータを使用することで、高効率かつ低発熱で降圧することができます。

「S-19902/3シリーズ」は、36V入力(定格45V)、600mA出力電流、125℃動作、発振周波数2.2MHz、同期整流の車載用降圧型スイッチングレギュレータを業界最小サイズ(※1):2.0×3.0×t0.5mmのHSNT-8(2030)パッケージで実現しました。
さらに、PPAP(生産部品承認プロセス)に対応しており、車載ICの品質規格AEC-Q100 Grade1にも対応予定です。

近年、自動車は高い安全性が要求されています。かつてはバックモニターカメラ1台程度だった車載カメラの搭載数は、昨今では全方位カメラやドライバモニター用カメラなど複数台の搭載へと増加傾向にあります。
こうした傾向は、米国のKT法(※2)で1台以上のバックモニターカメラの搭載が義務づけされたことや、欧州の自動車安全テストで、車載カメラを搭載している新車に対し、5段階での安全評価の星の数がより多く加点されるよう変更になったことなどが影響しているともいわれています。また、カメラそのものも、これまでのVGAから1Mpixel、2Mpixelへと高画素化が進んでいます。一方で、カメラモジュールの筐体サイズは小さいほど自動車全体のデザイン性が損なわれにくいため、高画素化しても従来通りもしくはさらに小型化した筐体で実現することが求められています。

本日発売した新製品「S-19902/3シリーズ」は、業界最小のHSNT8(2030)パッケージを採用し、車載カメラモジュールの小型化に最適な製品であるため、車載カメラの搭載数の増加や、高画素化といった昨今の市場ニーズにも貢献できる製品です。

【主な特長】
1. 業界最小!超小型パッケージ「HSNT-8(2030)(2.0×3.0×t0.5mm)」を採用
業界最小パッケージサイズを採用したことにより、車載カメラモジュールや各種車載コントロールユニットの小型化に貢献できる車載用降圧型スイッチングレギュレータです。
さらに発信周波数が2.2MHzであり業界最小パッケージと相まって、周辺部品を含めたフットプリント面積も業界最小サイズを実現するこが可能です。ガルウイングタイプのHTMSOP-8(2.9×4.0×t0.8mm)を選ぶこともできます。

2. 高速過渡応答
「S-19902/3シリーズ」はスロープ補償回路や位相補償回路の最適化により、負荷変動に対して高速な過渡応答を実現しました。

3. PWM制御、PWM/PFM制御を選択可能
制御方式は、PWM制御の「S-19902シリーズ」、もしくはPWM/PFM切替え制御の「S-19903シリーズ」のいずれかを選ぶことが出来ます。

4. 低リップル
降圧型のスイッチングレギュレータの出力電圧は、負荷のデバイスが求める電圧範囲に収まる必要があります。一般的にPFMモードでは出力電圧のリップルが大きくなるため、出力容量値を大きくするなど外付け部品での対策が必要になります。「S-19903シリーズ」は独自の低リップル回路の採用によりPFM制御時であっても低リップルを実現します。低リップル対策としての外付け容量値を小さくできるため、機器の小型化、低コスト化に貢献します。

5. 36V入力/45V定格
入力電圧36V、定格45Vの高耐圧製品のため、直接12V鉛バッテリーに接続することが可能です。


【主な仕様】
・入力電圧: 4.0 V ~ 36.0 V
・出力電圧 (外部設定): 2.5 V ~ 12.0 V
・出力電流: 600 mA
・FB端子電圧精度:±1.5% (Tj = −40°C ~ +125°C)
・効率: 91%
・発振周波数: 2.2 MHz typ. または 400kHz typ.
・過電流保護機能: 1.2 A typ. (パルスバイパルス方式)
・サーマルシャットダウン機能: 170°C typ. (検出温度)
・短絡保護機能: Hiccup制御 またはLatch制御
・ソフトスタート機能:5.8 ms typ.
・100%Duty比動作
・鉛フリー(Sn 100%)、ハロゲンフリー
・45Vロードダンプ耐性あり
・AEC-Q100進行中(※3)

【用途例】
・車載カメラモジュール
・車載用 (エンジン、トランスミッション、サスペンション、ABS、EV / HEV / PHEV関連機器等)


【製品詳細】
https://hub.ablic.com/ja/products/s-19902-19903


【Web サイト】
https://www.ablic.com/


(※1)2019年10月 当社調べ
(※2)KT法:米国において、新型車に後方の安全確認をする1台以上のバックモニターカメラの搭載を義務づける法案
(※3)詳細は、弊社営業部までお問い合わせください。


エイブリック株式会社は、進化を続けるアナログ半導体専業メーカーです。

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る