• トップ
  • リリース
  • 薬用育毛剤イクオスが新スカルプケア成分アルガス-3を配合し2019年10月20日リニューアル発売開始

プレスリリース

株式会社キーリー

薬用育毛剤イクオスが新スカルプケア成分アルガス-3を配合し2019年10月20日リニューアル発売開始

(@Press) 2019年10月01日(火)18時00分配信 @Press

株式会社キーリー(本社:東京都江東区、代表取締役社長:高崎 真一)は、「イクオスEXプラス」を、日本毛髪科学協会が制定した「頭髪の日」2019年10月20日にリニューアル発売いたします。

医学誌にも掲載される独自スカルプケア成分「アルガス-3」のほか、5種の有効成分をはじめとした124種を配合しており、業界最多の有効成分数・全成分数(※1)にも認定されました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194972/LL_img_194972_1.jpg
イクオスEXプラス

【商品概要】
商品名:イクオスEXプラス[医薬部外品]
販売名:薬用スカルプローション KE-02
内容量:120ml(約1ヵ月分)
価格 :イクオスEXプラス毎月お届けコース6,480円(税別)
その他コース複数あり

育毛剤イクオス 公式サイト
URL: https://iqos-official.jp/


【商品特徴】
■アルガス-3
「アルガス-3」は、株式会社キーリー独自の新スカルプケア成分です。従来品に配合されていた「アルガス-2」に新たな海藻成分を濃縮配合することでグレードアップしました。

また、日本臨床試験協会(JACTA)による育毛評価臨床試験にて「アルガス-3配合ローション」と「キャピキシル5%配合ローション」「リデンシル5%配合ローション」を比較し、アルガス-3が非常に高い評価を獲得。今回の評価試験内容は医学誌「診療と新薬」への掲載が確定しております。

■有効成分5種
<有効成分>
・センブリエキス
・グリチルリチン酸ジカリウム
・塩酸ジフェンヒドラミン
・クジン抽出液
・トコフェロール酢酸エステル

従来品の「センブリエキス」「グリチルリチン酸ジカリウム」「塩酸ジフェンヒドラミン」3種に「クジン抽出液」と「トコフェロール酢酸エステル」を追加したことで、有効成分が業界最多(※1)の5種になりました。

■19種のアミノ酸
髪の毛を構成する主要成分「ケラチン」を生成するために必要なアミノ酸が、従来品の16種から19種へ追加配合となりました。

■日本国内最多の全成分数(※1)124種
良質な頭皮環境に導き、発毛を促進するための保湿成分、頭皮環境を整えるための植物由来エキスなどを贅沢に配合し、日本国内最多(※1)である全124種の成分数となりました。

■HvO世界大賞受賞
HvO世界大賞にて、イクオスEXプラスの品質・機能が評価され、育毛剤として世界初受賞しました。

HvO世界大賞はハーバード大学(アメリカ)やオックスフォード大学(イギリス)出身の委員会メンバーで構成される国際的な評価機関です。これにより、モンドセレクション3年連続金賞受賞を含む2つの国際的な評価機関から賞を授かった育毛剤となりました。


〔販売価格〕
◎イクオスEXプラス毎月お届けコース【6,480円(税別)】
◎イクオスEXプラス単品【9,480円(税別)】
◎イクオスEXプラス×イクオスサプリEXプラス集中ケアセット毎月お届けコース【7,980円(税別)】
◎イクオスEXプラス3ヵ月分ご購入【22,800円(税別)】
◎イクオスEXプラス×イクオスサプリEXプラス集中ケアセット3ヵ月分ご購入【29,800円(税別)】
※育毛剤および育毛剤とサプリメントのセットには90日間の返金保証がつきます

(※1)日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2019年7月1日〜2019年8月2日_実績調査


【会社概要】
社名 : 株式会社キーリー
代表者 : 代表取締役社長 高崎 真一
本社所在地 : 東京都江東区東陽3丁目23-24 VORT東陽町ビル8階
設立年月日 : 2014年5月27日
主な事業の内容: 健康関連商品の製造及び販売、広告業及び広告代理業、
メディアサイトの運営管理
資本金 : 3,000千円
URL : https://keeley.co.jp/

プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る