• トップ
  • リリース
  • ジェネシス、プリント基板インターネット販売のピーバンドットコムと業務提携

プレスリリース

ジェネシス、プリント基板インターネット販売のピーバンドットコムと業務提携

(@Press) 2019年09月11日(水)15時30分配信 @Press

ネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 昌史 以下ネオス)の子会社であるIT機器開発・製造の株式会社ジェネシスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤岡 淳一 以下ジェネシス)は、プリント基板インターネット販売を手掛ける株式会社ピーバンドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役:田坂 正樹 以下ピーバン)と提携し、EMS(電子機器製造受託サービス)事業を共同で展開いたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193251/img_193251_1.png
近年におけるスマートデバイスの普及やIoTの広がりを背景に、企業やサービスにおけるデバイスの活用ニーズは増加・多様化の傾向にあります。プリント基板の通信販売サイト「P板.com」を運営するピーバンにおいても、基板と共に完成品製造に関する問い合わせが増加しており、こうしたニーズに応えるべく、この度ジェネシスはピーバンドットコムと業務提携を行うとともに、同じくIoTデバイスの製造を手掛ける株式会社Braveridge(本社:福岡県福岡市、代表者:吉田 剛 以下Braveridge)と連携し、EMS事業の共同展開を開始いたしました。

ジェネシスは中国・深に製造拠点を有し、深における豊富なハードウェアサプライチェーンやIT機器製造のエコシステムを活用したIoT製品の設計から製造・保守までを手掛けており、ITサービス企業やスタートアップを中心にスマホやタブレットのほかVR、AIロボットなど様々なIoTデバイスを提供しています。一方、Braveridgeは日本国内に製造拠点を置き、無線通信技術を用いた豊富な製品企画開発力を強みに、国内生産を軸にIoTデバイスの開発から量産までを展開しています。

本事業においては、ジェネシスとBraveridgeが持つ深および日本国内の製造メリットや、ピーバンドットコムが長年培ってきたオンライン上の受注ノウハウなどをはじめとする3社間のシナジーを最大限に発揮し、各製造案件の最適化や効率的な生産体制を実現すると同時に、新たな顧客層へのアプローチやニーズの取り込みを推進して参ります。


ジェネシスは今後も、深センのサプライチェーンやIoTデバイスの製造ノウハウを駆使したスマートデバイスの製造事業を展開し、生活を豊かにするスマートライフを実現してまいります。


<ネオスについて>
【商 号】ネオス株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館
【U R L】https://www.neoscorp.jp/
【設 立】2004年4月
【代表者】池田 昌史
【グループ事業内容】
◆ソリューション事業:サービスデザイン力×ワンストップ対応力を強みとしたSI事業と、法人向けプロダクト&サービスを展開
◆コンテンツ事業:専門的知見とクリエイティブ力を強みとした、BtoCおよびBtoBtoCサービスを展開
◆デバイス事業:深ネットワークを強みとした、サービス事業者向けエッジデバイスソリューションを展開

<ジェネシスについて>
【商 号】株式会社ジェネシスホールディングス
【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館
【U R L】https://www.jenesis.jp/
【設 立】2012年2月
【代表者】藤岡 淳一
【事業内容】電子機器・情報機器等の製造・企画・開発・輸入・販売

<ピーバンドットコムについて>
【商 号】株式会社ピーバンドットコム
【本 社】東京都千代田区五番町14 五番町光ビル4F
【U R L】https://www.p-ban.com/
【設 立】2002年4月
【代表者】田坂 正樹
【事業内容】プリント基板のネット通信販売サイト「P板.com(ピーバンドットコム)」の運営

※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です。


プレスリリース提供元:@Press

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る